FC2ブログ

麺や 松辰@つくば

DSC04148.jpg

2013年4月13日/麺や 松辰/つくば/
限定B 清湯煮干し塩/650円


く・る・ま!く・る・ま!
(パジェロがリコールされた当時の東京フレンドパークの観客)
どうも!平成のホンジャマカことラーツ部です!
ちなみに本家よりはもうちょっと仲はいいと思います!

茨城を巡る本日の部活動ラストの一杯は、
先ほどの『活龍』からも程近いつくばの『ドラ猫』さん!

DSC04144.jpg

DSC04145.jpg

おそらく80年代の筑波万博の頃に、
高度成長期に伴う大規模な宅地造成の計画の一環として、
各地方から移住してくるであろう住民のために、
人工的に配置されたと思われる歓楽街が密集しているエリアがある。

その名もズバリ直球の「くいだおれ」!
完全に当時のデベロッパーが大阪から丸パクリしたことは明白!

『ドラ猫』さんはそんな渋い「くいだおれ」の一角で、
スナックや一杯呑み屋と肩を並べて営業している様子。

やはりTPOに合わせた身だしなみが大事なので、
俺はお魚くわえたドラ猫のコスプレ、
てらみん部長はそれを裸足で追いかけるサザエさんのコスプレ、
タグ部員はその一部始終を盗撮してYoutubeにアップして逮捕される大学生のコスプレと、
完璧なチームワークを披露しながらいざお店へ!

DSC04142.jpg

みんなが笑ってるーーー!!!
(どちらかというと嘲笑のほうで)

DSC04143.jpg

つかさぁ!ちょっとマジで怒らせてもらうとさぁ!
お店で公式のTwitterやってるのにさぁ!
営業時間の変更なんてこんな大事なことをなぜツイートしないのよ!
アカウント見てるのはお友達だけじゃないのよもうっ!

※その後はちゃんと営業情報もツイートするようになったみたいです

このまま2時間近くもボーッと待ってられないので、
わずらわしいサザエコスプレの衣装を乱暴にトランクに投げ込んで、
茨城ラーメン本を見ながら緊急リカバリ会議を行うも、
これからの移動ではめぼしい店にはどうにも間に合わず…!

どうするラーツ部!どうなるラーツ部!

しかし先ほど駐車場の空きスペースを探していた際、
同じ「くいだおれ」の一角に『松辰』さんという、
正直ノーマークだったラーメン店があるのを発見していたので、
もういてもたってもいられずこちらですぐさまリカバリ決定!

DSC04146.jpg

店頭のPOPでは鶏白湯の「濃厚白みそらーめん」を推していたが、
なーんか味噌の気分じゃねぇなーとブツブツ言っていた一同、
しかし券売機を目の前にして一気に表情が恵比寿顔に…!

なんと「濃厚白みそらーめん」以外にも、
「あっさり醤油」に「濃厚白湯醤油」に「黄金鶏そば」と、
予想以上に多彩でフットワークの軽いメニュー構成!

さらに「限定A」「限定B」と限定メニューも2種類あり、
ひとつは「海老和えそば」もうひとつは「清湯煮干し塩」と、
つま先から脳天まで電流が走るほどそそられる内容!

タグ部員に基本っぽい「黄金鶏そば」を任せて、
つい限定とか頼んじゃったオイラはニボ蔵!ヤクザなニボ蔵!

ウッディな店内はカウンターが少々とテーブル席がメインだが、
間隔を広く取った開放的な雰囲気。

ホール担当のぽっちゃりした安藤美姫みたいな風貌の女の子が、
まだ接客に慣れていないのか一生懸命なんだけど、
どこかたどたどしいのが逆にカワイイ!おやつあげたい!

さほど待たずに提供された「清湯煮干し塩」は、
まるで泉のように澄みわたったクリアな水面。

じっくりと水出ししたような、
パステルタッチで柔らかく優しい煮干しダシを軸にした、
波紋のように旨味が広がっていくような味わい。

昼に食べた『イチカワ』とは対極の煮干しの使い方で、
改めてダシを取るという行為の奥深さを感じさせられますな!

そして奇しくも本日三回目の菅野製麺製の、
かんすいの存在を感じさせない色白美人な細麺には、
軽く手もみ程度のちぢれが付けられている。

やや硬めの茹で加減で調整されていて、
コリコリとした体幹を感じるような締まった歯ごたえ。

チャーシューは厚めにカットされた三枚肉、
めんまは白ゴマで和えられている丁寧なお仕事っぷり。
2種類のネギの上に散らされた一味唐辛子がナイスアクセント!

DSC04147.jpg

タグ部員チョイスの「黄金鶏そば」は、
その名のとおり鶏ダシ100%の清湯スープで、
みずみずしい鶏の旨味にあふれていてこちらも美味しいじゃん!

具ではカリカリに焼いた刻み油揚げが、
いい感じにスープを吸ってふやけていっていい感じ。

ハッ!そういえば油揚げといえば、
同じつくばの『ハリケンらーめん』でも具として使ってたような…!
開店時には生花も届いていたようだしひょっとして何か関連が…?

DSC04149.jpg

そしててらみん部長はもうひとつの限定、
「限定A 海老和えそば」をチョイス。

モチモチとした極太のちぢれ麺には、
あらかじめパスタのように海老ペーストを和えた状態。

ねっとりと甘い海老の風味が絡む麺だけでも充分イケるが、
そこに別添えの濃厚海老塩スープをつけ汁にしたり、
直接丼に注いで海老ラーメンにしたりと、
様々な楽しみ方ができる実に面白い一杯となっている。

申し訳ないが不勉強ゆえ完全ノーマークだっただけに、
予想外のハイレベルなラーメンだったのは非常に嬉しい誤算!

これだから麺活はやめられないのねーん!
(くいだおれの看板によじ登って絶叫)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑絶景かな絶景かな気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけめん・らーめん 活龍@つくば

DSC04136.jpg

2013年4月13日/つけめん・らーめん 活龍/つくば/
つけめん/750円


ビートルズがやって来る!ヤァヤァヤァ!
ついでに後ろからラーツ部もやって来た!ラァラァラァ!

土浦の温泉で充分な休息を取ったのち、
再び科学万博の余韻も冷めないつくばに逆戻り。
目指すはようやくの初訪問となる『活龍』さんです!

つくばでは一二を争う人気店ではあるものの、
基本的に多数決(たまに拳)で店を決めるラーツ部では、
どうにも豚骨魚介系はプライオリティが低くなってしまい、
なかなか票数が伸びず後回しになってしまっていたのだ。

しかしこのままいつまでもズルズルと
惰性だけで一緒に暮らしてる同棲カップルみたいな状態じゃダメ!
はっきりカタを付けてよ!やってられないわ!

DSC04135.jpg

山口百恵のドヤ顔を各自完全再現しながら、
55号線から一本入った道にあるお店に到着すると、
店舗前の駐車場はなかなか埋まっていて盛況を物語っている。

「天辺ダッシュカンパニー」が運営するこちらは、
最近はすぐ隣りの敷地に博多ラーメンの『バリ龍』を開店、
さらに二郎系の『龍郎』やその亜流の『活龍+1』など、
茨城県内で多岐にわたった店舗拡大を続けており、
そろそろ「ガイアの夜明け」で取り上げられてもおかしくない勢い。

ジャズが流れる店内も天井が高く開放的で、
スタッフの衣装も内装も白黒赤でまとめたスタイリッシュな雰囲気で、
テーブルも広くファミリーユースにも最適。

もちろんメニューの要は「つけめん」で、
中盛りはおろか大盛りまで無料と、
なかなかのサービス精神でよろしゅうございます!

他にも「とんこつ醤油」とか「中華そば」、
さらに「タンタン麺」と豚骨魚介系じゃないメニューも豊富。

サイドメニューの「龍神ぎょうざ」のキャッチコピーが、
「俺のぎょうざを食ってくれ!」と『雷神』と同じなのは偶然?
それとも何かムニャムニャモゴモゴな関係が?

濃厚系に食傷気味のてらみん部長とタグ部員は、
早々に自前のブリーフをDIYで改良した白旗を挙げて、
「中華そば」と「タンタン麺」をチョイスする日和りっぷり!

部員で唯一おおっぴらにブログやってる自分に、
定番メニューを任せるという大義名分はあるけれども何さ!キイッ!
んじゃあ俺が率先して「つけめん」いったるわい!
並盛りでも300gあるらしいけど知ったことか!

歪んだ形の重厚な面持ちの丼の中で、
美しく折り畳まれた麺がまず芸術品のよう!
これは早く「美の巨人たち」で取り上げるべき!
(どんだけテレ東好きなんだよ)

国産小麦100%で製造されたというその極太麺は、
ギッシリと詰まった感のあるガチムチ系だが、
首の皮一枚でほのかなモッチリ具合を残した絶妙な茹で加減で、
意外と300gも訳なくすんなり胃袋に収まっていく。

噛めば噛むほど小麦粉の薫りが口いっぱいに広がり、
そのまま塩でも付けて食べてもペロリといけちゃいそう!

その麺を受け止めるつけ汁はどっぷりダークブラウンで、
豚骨と鰹、煮干しをバーリトゥードで戦わせた、
超ステレオタイプな濃厚豚骨魚介系。

しかし濃度こそ高いものの油分には頼っておらず、
コラーゲン由来によるねっとり感なので、
しつこさやもたれは感じず食べやすい仕上がりになっている。

具は脂身たっぷりのブロックチャーシューが4切れほどと、
拍子木状のゴリゴリメンマが3本ほど。

DSC04139.jpg

終盤つけ汁が冷めてきたところで、
『TETSU』が始めて以来もはやお約束の「焼き鉄」を注文。

DSC04140.jpg

ジュンジュワ~!!!

スープが地獄の釜状態で一気に熱々に戻り、
ネギが焦げてその香ばしさもプラスされるので、
フィニッシュに向けて絶妙な味わいの変化が楽しめる。
スープ割りは和風ダシの入ったポットからお好みでどうぞ!

DSC04138.jpg

てらみん部長チョイスの「中華そば」は、
いかにもいにしえの東京醤油ラーメン!と呼びたくなるような、
鶏ガラのしっかり効いたクリアな清湯スープに、
チリチリのちぢれ麺という組み合わせ。

DSC04137.jpg

一方タグ部員の「タンタン麺」は、
真っ赤なポルシェこと真っ赤なラー油が一見辛そうだが、
それ以上にゴマペーストがマイルドに効いていて、
甘みと辛みが共存していて食べやすいタイプ。

「つけめん」だけでなくこの辺の亜流メニューも、
しっかり及第点以上を叩き出してくるあたり流石ですな!

さぁ!泣いても笑ってもデレてもヤンでもあと一軒!
正直300gの麺でおなかはパンパンだが負けないアタイ!
おいおめぇ後輩だろ?じゃあチェリオと胃薬買ってこいよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑消化促進剤気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

居處 小宮山@荒川沖

DSC04133.jpg

2013年4月13日/居處 小宮山/荒川沖/
小宮山ラーメン サラダ付/850円


もし「部活動総選挙」が開催された暁には、
ぱるるくらいの順位にはなれる自信のあるラーツ部ですどうも!
徳光をギャン泣きさせるスピーチにもご期待ください!

つくばを中心とした茨城エリアを巡る今月の部活動、
まずは世の煮干し好きを骨抜き腰砕けにさせていると噂の『イチカワ』で、
ヤリニボ(ヤリチン的なニュアンス)な一杯にメロメロにされたのち、
一時つくばを離れて土浦は荒川沖に向かう。

次のお目当てはラーツ部の「推し麺ルール」に乗っ取り、
俺がチョイスさせてもらった『小宮山』さん!

奇しくもタグ部員が筋金入りの千葉ロッテファンということで、
屋号を聞いただけでタオルを振りジャンプする応援モードに突入!
まぁでも車内なんで頭しとどに天井にぶつけてすぐ気絶しましたけど!

DSC04128.jpg

店はおよそ飲食店があるようには思えない、
こじんまりとした静かな住宅街の一角。

専用の駐車場が店の近くの橋の下にあるらしいのだが、
それらしき看板もプレートも無いのでしばし周辺をウロウロ…!

結局「多分ここじゃね?」と当てずっぽで空き地に駐車!
間違ってたら身体で返すから許して駐在さん!

DSC04129.jpg

入店するなり仄かなカレーの香りに魅了されるが、
それよりも大正時代にでもタイムスリップしてしまったかのような、
和洋折衷のモダンな雰囲気の店構えにもビックリ!

畳と掘りゴタツの小上がり席のみの店内には、
年代物と思われる火鉢や和ダンスなどが品良く並び、
昭和40年代に製造されていた拘りの「山水」のスピーカーからは、
小さなボリュームで柔らかく音楽が流れている。

メニューはオーソドックスな「小宮山ラーメン」と、
「土浦彩華(あざやか)カレーラーメン」がメインとなっており、
そこにサラダをセットにして先に野菜から食べておくのを、
身体にいいという観点から強く推奨している。

まぁこう見えて毎日キチンと野菜は摂取してますけどね!
ポテトチップスとかトルティーヤとかでね!
(はい!ここ「欧米か!」ってツッコむポイントですよ!)

てらみん部長がカレーを所望したので、
俺はストレートに「小宮山ラーメン」をサラダ付きで注文。

細麺のちゃちゃ麺と手もみ麺から選べるはずだったのだが、
手もみ麺が切れちゃったそうで問答無用でちゃちゃ麺に。
せっかく手もみ麺楽しみにしてたのに!えーんえーん!(泣き虫チャチャ)

赤いバンダナを頭に巻いたお母さん達が、
一生懸命厨房もホールも回しているものの、
提供までには少し、というかだいぶ時間がかかるので、
店の雰囲気込みでのんびりくつろいで待ちましょうね!
我々はシュラフを持ち込んでひと眠りさせていただきまーす!

DSC04130.jpg

あいにくシュラフが三浦雄一郎が使うようなプロユースのやつで、
全身ベショベショに寝汗をかいて眠っているうちに、
いつの間にかまずはサラダがサーブされていた。

すべての野菜を軽く湯通ししたいわゆるホットサラダで、
キャベツを中心にニンジンやジャガイモ、
カボチャといった根菜が彩りよく散らされている。

さらに我々のように玉の汗をかいたように見える珍しいアイスプラントや、
ターメリックで味付けされたカリフラワーなどの、
変わり種も含めてさっぱりとしたドレッシングでいただく。

デトックス効果で身体が洗われていくようだわ…!
(一斉に逃げていく取り憑いていた魑魅魍魎ども)

その後供された「小宮山ラーメン」は、
そのビジュアルからもどこか懐かしさを感じるような、
オールドスタイルの清湯醤油スープの一品。

まず鶏ガラの旨味がキュンと舌に押し寄せ、
それからジワーッと醤油の風味と魚介の香りが、
口の中に広がっていくような味わいのスープは、
落ち着いてくると昆布のイノシン酸も感じられるようになる。

油によるこってり感は皆無で、
毎日でも飲みたくなるような優しい味ですな!

ちゃちゃ麺はかなり強くちぢれが付いており、
こちらも先ほどの『イチカワ』と同じ菅野製麺のものらしい。

密度があってプリプリと歯ごたえがよく、
麺自体にもしっかりと味があって美味しい。

チャーシューはしっとり系のロース肉で、
大きめのものが2枚入っているのが嬉しい。

さらにはメンマと水菜、切り方の違うネギと具も賑やかで、
デフォで半分入っている味玉も味しみしみで旨い!

DSC04134.jpg

てらみん部長の「土浦彩華(あざやか)カレーラーメン」は、
スープはほとんどなくドロッとした濃厚なビーフカレーを、
モッチリとした太麺に絡めて食べる和えそばスタイル。
こちらも湯通しした野菜がテンコ盛り!

カレーもしっかりスパイスが効いた結構本格的なもので、
ゴロゴロと入った牛肉もトロトロに柔らかい。

麺を食べ終わったらご飯を入れてもらって、
カレーリゾットにできるのだが満腹のためてらみん部長は辞退!
そんなんだから緒川たまきに「いくじなし!」って怒られるんだよ!

日々時間に追われる都会での生活を忘れて、
のんびりと食事を楽しむにはもってこいのお店ですね!
俺もいつかは目指すぜ!スローライフ!
(西伊豆の空き別荘を速攻キャッシュで購入!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑温泉付き気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干中華ソバ イチカワ@つくば

DSC04124.jpg

2013年4月13日/煮干中華ソバ イチカワ/つくば/
特濃煮干ソバ/760円


毎度お騒がせします!ラーツ部でございます!
ラーツ部公式LINEスタンプもぜひダウンロードしてね!
(主に部員それぞれの下腹部のイラスト)

今月の部活動は茨城にロックオン!

勘のいい方はすぐにお分かりいただけると思うが、
もちろん茨城となれば今回もっとも重要な宿題店なのが、
類い稀なる大行列店だという噂の『イチカワ』さん!

もとは龍ヶ崎で『風天』という屋号で始まり、
『伊藤』『ajito』というまったく毛色の異なる二店の、
インスパイア的メニューを提供していたお店だったのだが、
このたび煮干しラーメン一本に絞って移転リニューアルし、
今や茨城はおろか関東全域のニボ助たちを骨抜きにしているという。

そのニボ助を世の女性に例えるのであれば、
『イチカワ』の存在は言うなればマイケル富岡!
そんな絶倫系煮干しラーメンを黙って見過ごすわけにはいかんざき!

ちなみにマイケル富岡の建てた豪邸は、
ガレージを抜けるとすぐにベッドルームに直結しています!
はい!ここセンター試験に出ますよ!

DSC04122.jpg

そのマイコーことイチカワさんは「リッチモンド2番街」という、
昭和の時代から時計の針が止まってしまったような、
天井が吹き抜けになった古いテナント施設の一角にあるのだが、
そんな裏寂しい雰囲気に似合わぬ大行列が!

かなりの混雑を見越して開店時間45分前に着いたというのに、
なんとすでに8人待ちという狂乱っぷり!

建物入口のスペースはすでに先客の車で埋まっており、
10mほど離れた専用駐車場も我々が停めた時点で満員札止め、
その後は遅れを取った者どもが次々と駐車場難民となり、
困った様子で何度もウロウロしているという異常事態!
(周辺にコインパーキングの類いは皆無)

ちょっとコンビニにでも寄り道して、
熟女系のエロ本なんぞ立ち読みでもしてたもんなら、
我々もあの難民と同じような事態になっていたかと思うと、
つくづく熟女がそんなに好きじゃなくて良かった!ホッ!

DSC04123.jpg

結局開店時には30人オーバー!
その後も客足は途切れる気配無し!酒池肉林!

店内は広々としているもののカウンター9席のみで、
窓側にはあらゆる産地の煮干しが詰まった段ボール箱が、
テトリスよろしく大量に積み上がっている。

厨房には店主さんとそのお母さん?がいるようだが、
たまたま冷蔵庫で死角になる席になっちゃってなんも見えねぇ!

しかも全9席で前8人待ちということで、
先頭に並んでいた俺一人だけがファーストロットで座る事態に!
これじゃ他の部員とシェアできないじゃないの!ぐっすん!くっすん大黒!

メニューは「煮干ソバ」と限定30食の「特濃煮干ソバ」のみで、
特濃には「煮干し好きの為のメニューです。
稀にエグミ、苦味を感じるお客様もいらっしゃいます。
御一考の上、ご注文下さい。」とものものしい但し書きが。

エロい妄想を御一考した上でここは「特濃煮干ソバ」を、
さらにタレを黒(醤油)白(白醤油)S(塩)から選ぶのだが、
オセロ中島さんの早期復帰を願って黒をチョイス。

真っ白な丼で登場した「特濃煮干ソバ」の、
もはやブラウンともグレーともつかない、
コピックですら似た色を見つけるのは困難であろうスープは、
なんか異常に量が少なくて枯渇寸前のダム状態!
水道局がご家庭に節水を要請するレベル!

煮詰まってとろみが付いたような粘りがあり、
たったひと飲みで口中を煮干しが蹂躙するスーパーストロングスタイル!

苦味もエグミもすべて溶かし込んだ強烈な風味だが、
それを補って余りある旨味と動物系ダシとのバランスが絶妙で、
まるで麻薬のようにハマったら抜けられない魔性のラーメン!
こんなの食べたらミニにタコができちゃう!

菅野製麺の細ストレート麺も超硬茹でで、
完全に芯を残したポッキポキの食感。
歯のコンディションが悪かったら完全にアウト!

スープが少ないせいもあるのかもしれないが、
これだけ濃いスープをまったく乗せてこないという、
なんとも特殊な性質を持っていらっしゃいます!

大きくカットされたバラ肉チャーシューは、
焼いたような香ばしさのあるもので地味に旨い。

細いのにコリコリと歯ごたえのあるメンマと、
煮干しに負けない強い香りの3種のネギもなかなかの存在感。

隣の席のお兄ちゃんが「和え玉」なるものを追加していたが、
これは煮干し油と煮干し粉、タレをかけた替え玉を、
まずはそのまま食べて油そばの要領で楽しみ、
最後は余ったスープでつけ麺にするという遊び心にあふれたもの。
連食じゃなかったら死んでも注文するのに!

セカンドロットでカウンターの真逆の席に座った部員に、
デジカメを託して先に店を出てしまったので、
まったく味見ができなかった悲しみの一杯がこちら!

DSC04126.jpg

DSC04127.jpg

ちなみに写真上がてらみん部長の「煮干ソバ(S)+味玉」、
下がタグ部員の「特濃煮干ソバ(白)」だったはず。
まぁ食ってない人間には分かりやせんぜ!ヘッ!

当初の『伊藤』インスパイアだった面影はなく、
今や完全にネクストレベルまで振り切っちゃったような一杯。
そりゃ魔力に取り憑かれた者どもの大行列ができるわけだわ!

ちなみにマイケル富岡の豪邸は設計する段階で、
すでにラブホテルを意識した造りになってます!
はいこれも試験に出るから覚えて!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マイケル大学富岡学部気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑2013年6月15日全国ロードショー!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 一途@錦糸町

DSC04120.jpg

2013年4月10日/らーめん 一途/錦糸町/
辛にんにく麺+九条ねぎ/880円+150円


例年以上に忙しくさせていただいている繁忙期、
お仕事(アルミ缶収集)のスケジュールもかなりタイトになってきて、
帰宅時間もじわじわと遅くなってきている今日この頃。

ふとTwitterを見ると自宅で待っているヨメの、
「ラーメンたべとぅい」というけしからんツイートを発見。

ご主人様のために食事の準備をしていないとは何事だー!
すぐ仕事切り上げるから錦糸町で待ち合わせねー!

DSC04119.jpg

時間的にあまり遠出もできなかったので、
根っからのコレクター気質としては珍しく、
わずか半年のスパンで錦糸町北口の『一途』さんへ再訪問。

だって京都ラーメン大好きなんだもの!
あとずっと気になってた「辛にんにく麺」が食べたかったんだもの!
にんげんだもの!生物学上は!
先っちょが鋭角に尖ったシッポは生えてますけども!

夜の部営業終了ギリギリの時間だったものの、
酔客を中心に続々とお客さんがやって来るあたり、
かなり地元にも定着して安定した人気を誇っている様子。

もちろん御多分に漏れずまずはビールを所望するわけだが、
アサヒとキリン2種類あるのは嬉しいじゃないか!
この二社だったら我が家は迷わずキリン!麒麟です(美声)!

渡辺正行リーダーのコーラ by いいともよろしく、
光速でビールを飲み干し俺はもちろん目当ての「辛にんにく麺」を、
初訪問のヨメは無難に「ラーメン」を注文。

あっさりとした鶏ガラスープに、
ベタつかず上品な甘さの背脂をたっぷり散らすのが、
『ますたに』を系譜とした京都ラーメンのひとつのスタイル。

そこにさらに背脂と一味唐辛子のタレを増強し、
さらに生のニンニクまで投入しちゃったのが、
この店オリジナルのメニュー「辛にんにく麺」なのだ!

背脂増量のおかげでドロンとした口当たりになり、
ピリリと効いた唐辛子の辛さとにんにくのアリシン効果で、
飲んだそばからホカホカと身体が温まっていくような、
ハイインパクトの味わいは中毒性ありあり!

構造はジャンクだがやはりベースは鶏ガラスープなので、
胃にもたれたりギトギト感はないので、
意外に後味がすっきりしているのもまたいいじゃない!

思わず追加した九条ねぎをスープに浸して、
レンゲですくってバリバリ食えばこの世の春!回春バンザイ!

やや柔らかめに茹でられた、
ねっとりとした独特の食感の細ストレート麺も、
バンバン背脂&唐辛子ブラザースを絡めて拾ってくるので、
いくらビールで中和しても発汗が止まらねぇ!

しっかり噛んで旨味を引き出すチャーシューも、
このラーメンには欠かせないアイテムですね!

DSC04121.jpg

初訪問のヨメはオーソドックスに「ラーメン」を。

以前より背脂の粒が粗くなったような印象で、
さらにその甘みがしっかり感じ取れるようになった気がする。

そもそもあまり複雑でこだわったラーメンを好まず、
シンプルな味を気に入る傾向にあるヨメも、
京都ラーメンにはなかなか満足したようでひと安心!
となれば次回はいよいよ『天下一品』あたりにも連れていくかね!

あのヤマト糊(緑色のチューブのやつ)みたいな、
ドロドロこってりスープにどういう反応を見せるのか楽しみ!
つっといてあっさりラーメン頼まれちゃったら思いっきしコケますけどね!
九条ネギが敷き詰められたプールに頭から突っ込みますけどね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑伝統芸気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑2013年6月15日全国ロードショー!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

俺麺 山田@入谷

DSC04117.jpg

2013年4月10日/俺麺 山田/入谷/
あっさりらー麺/700円


本日も取引先のプリント業者へ出向!
帰りがけにひと麺入れていってもいいかなー?いいともー!
タモリさーん番組が終わるって本当ですかー!?
(CM明けにはその席にはクマのぬいぐるみが)

『晴』『七麺鳥』などの新店話題店ラッシュが続く、
恐れ入谷の鬼子母神こと入谷にまたもニューカマーが登場。

なんでも『麺屋武蔵神山』などで長らく店長を務めた方が、
満を持して独立してオープンしたお店らしい。
その名もインパクト重視の『俺麺山田』!

「俺のフレンチ」とか「俺のイタリアン」とか「俺の股間はかゆい」とか、
いま流行りの「俺シリーズ」のチェーン店が都内各地にあるが、
そことは一切関係がないみたいなのであしからず!
(デリケアM'sのキャッチコピーが混入したことをお詫びします)

DSC04118.jpg

言問通りと昭和通りの交差点から一本入った路地にあり、
近隣にはコインパーキングが少なく車組はちょっと難儀する立地。

訪問したこの日はまだオープン3日目ということで、
そうそうたるメンバーから贈られた生花も、
活き活きとかぐわしき芳香を放っております。
俺がもしミツバチだったら全部ミツ吸い取ったるねん!

カウンター10席のみの小さな店だが、
店主さん一人で回しているのでちょっと大変そう。
そんななのでお会計は先払いなのであらかじめ心づもりを!

メニューはダンガンロンパを意識したと思われる、
「あっさりらー麺」と「濃厚白湯らー麺」のダブルヒロイン制度で、
紅白のチップをスチール製の洗濯バサミで挟んで、
カウンターの客前に置くことで注文を把握する独自の方式。

その洗濯バサミをちょいと拝借して、
隣りの席の客に乳首相撲の対戦を必死に申し込んでいるうちに、
気が付いたら「あっさりらー麺」がサーブされてました!
この勝負お前の不戦敗な!

さらりとした清湯スープは魚介の風味が強く、
けっこう強めに柚子の香りも付けられていて、
かなり和風テイストに振った面持ち。

なんでも定番の鰹や煮干しに加えて、
ちょっと珍しいマグロ節をダシに使っているそうな!
すぐに石原プロに電話して渡哲也のスケジュールを抑えないと!

カエシが独特のやや甘口な感じに、
やはりどこか『武蔵』の面影が見えるような気がする。

そして「俺麺」と銘打つわりには、
おもいっきしカネジンの麺箱から取り出され茹でられる麺は、
かなりの極太でピラピラとした平打ちタイプ。

太さや厚さもまちまちでランダムにちぢれたそれは、
どこか喜多方と白河の合いの子みたいな印象を受けるものだが、
モチモチ感というよりはちょっと硬めで、
モグモグと噛ませるような屈強な仕様となっている。

バラ肉のチャーシューは濃いめに味付けされ、
丼を横断するように2枚長く敷かれている。

あとはメンマとナルトと海苔、
それに斜めにザクザクと切られたネギが2種類。

おそらく「濃厚白湯らー麺」になると、
スープから麺からまるっきり印象が違うものが出てきそう。
また機会があればそっちもチャレンジしてみっかね!

では大急ぎで仕事に戻りますね!
あぁおばあちゃん俺俺!すぐにお金振り込んでよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑現行犯気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0072.jpg
↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが久々に実現!
 イブニングで連載中の人気漫画 「少女ファイト」公式Tシャツ『Memento mori』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

銀座 篝@銀座

DSC04113.jpg

2013年4月9日/銀座 篝/銀座/
煮干醤油SOBA+味玉/780円+100円


お仕事絡みで映画の試写を観に行くことになり、
会場のある銀座までブラブラとお出かけ。

元みゆき族(小柳みゆきファン)としては、
久々の銀ブラなもんで気合い入れてオシャレしてかなくっちゃ!

70年代最先端のファッションを現代風にアレンジした服に身を包み、
それらを全部脱ぎ去った姿で颯爽と中央通りを闊歩!
それじゃあ銀ブラじゃなくて金ブラってか!ガッハッハー!
(特売のワンカップですでに赤ら顔)

試写は午後からだったので当然まずはひと麺!
銀座だったらいま話題のあの店っきゃないでしょ!

DSC04110.jpg

自分が一生かけて労働してもおそらく、
この自販機一台ぶんのスペースの土地すら買えないであろう、
銀座の一等地のエアポケットみたいな路地を奥へ奥へ入っていくと、
突如ポツンと登場するのが話題の新店『篝』さん。

見慣れない漢字で戸惑いますがこれで「かがり」と読みます!
ちなみにソフトオンデマンドの創始者は「がなり」です!

DSC04112.jpg

看板には「Soba」と書かれているだけで、
ここがラーメン店だというランドマークは一切ないにも関わらず、
正午前だというのにすでに外に二人待っている状態で、
その後も続々と行列が伸びていく盛況っぷり。

つかこれ二階に登る階段ってどうなってんだろ?
店舗左側のシャッターの細さを見ても構造のいびつさは異常です!
こんばんは都築響一です!

やはり店は相当狭くU字型カウンターはギュッと客が密集した状態で、
天井も低くてなかなかの圧迫感があるものの、
和食屋さんのような雰囲気の店内には新店らしい木の薫りがして、
居心地は思ったほど悪くない感じ。

厨房の店主さん達もビシッ!と白衣を身に纏い、
一本筋の通った「いい感じの空気」にあふれている印象。
しかしまぁホール担当のお姉さんが美人だこと!今夜はお祝いよ!

美濃の有機玄米酢や京都の黒七味など、
卓上のアイテムにもなかなかこだわりがありそう。

メニューは「煮干醤油SOBA」と「鶏白湯SOBA」がツートップで、
さらに「煮干つけSOBA」や「濃厚辛つけSOBA」など、
つけて食う系のメニューも揃っている。

周りは全員鶏白湯を注文しているが俺は煮干だ!
なぜならオイラはニボ蔵だからだ!
(岩鬼のように煮干しを咥えた状態で)

DSC04114.jpg

まずお姉さんから瓶に入れられた、
「揚げネギオイル」なるブツが先に提供される。

このままベロを突っ込んで全部なめたい衝動に駆られたが、
化け猫と勘違いされても困るので自重したニャー!

煮干粉がたっぷり浮いているスープはかなりのニボ度だが、
丁寧な下処理がされているのか雑味や酸味はなく、
リッチビターな苦味のみが抽出されていて後味は爽やか。

時折苦味をリセットするかのように香る柚子も、
その爽やかさをさらに演出している印象。

この辺の上品な仕上げは店主さんが、
和食畑出身ならではといったところでしょうか!
暴力的なニボ系ラーメンとは一線を画する味わいで美味しいっす!

麺は啜り上げた時にややかんすいの匂いを感じる、
三河屋製麺の細ストレートを合わせている。

ざらつきが無くツルツルと啜り心地も良くて、
シコッとした歯ごたえも気持ちがいい。

当然煮干粉がまるで「蜘蛛の糸」の名場面のように、
麺に絡んでウワーッ!と登ってくるので味もしっかり乗ってくる。
ある意味こっちだって芥川賞候補ですよ!

チャーシューは豚が2枚に牛が1枚で、
豚は動物臭さのない質のいいバラ肉で、
とろけるような脂の甘さがよろしいですな!

牛はいわゆるローストビーフだが、
提供直後はほんのりレアだったのにモタモタしてて、
スープの熱が入って少し硬くなっちゃった…!

メンマじゃなくてタケノコを煮たやつだったり、
味玉も黄身の隅々までしっかり味が染みていたりと、
具のひとつひとつにも妥協のなさがうかがえますな!

揚げネギオイルは小さじ一杯でもかなり香ばしさが増すが、
ベースの煮干が負けてないので上手に調和する。
苦味×苦味なので黒七味を投入してももちろん相性バッチリ!

大満足で店を出たら何と行列は20人オーバー!
あっという間に敷居の高すぎるお店になっちゃいそう!
それでもこりゃあ早急に「鶏白湯SOBA」も食べに来なくちゃだな!

ひとまず今日は試写があるからこれで!じゃあまた!
(その後なぜか上野オークラ劇場に迷い込んでしまいピンク映画三昧)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑成人指定気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

六厘舎TOKYO@東京駅ラーメンストリート

DSC04109.jpg

2013年4月8日/六厘舎TOKYO/東京駅ラーメンストリート/
朝つけめん/630円


楽しすぎて555万円で家が建ちそうな秋田の旅、
いよいよ帰りの深夜バス乗車に向けてラストスパート!

はいもちろん帰りは深夜バスですよ!
往復で新幹線なんてリッチな身分じゃございませんよ!
その差額でラーメン何杯食えるかって話ですよ!

最後の晩餐は漫画「いとしのムーコ」のモデルにもなった、
秋田在住のガラス職人・こまつさんことこまつさんも合流し、
いしこうこといしこうさんと3人で繁華街・川反の秋田料理店へ。

主に「漫画ローレンス」の表紙のエロさについての男子トークで、
大盛り上がりしているうちにあっという間に出発の時間!

折からの土砂降りの中を最後までお見送りしてくれた、
こまつさんといしこうさんに精一杯の感謝のセクシービームを贈りながら、
満員の深夜バスは一路東京へと向かうのでありました…!

ん?麺レポ?まぁもうちょい待てよ!ちょまてよ!

さて「水曜どうでしょう」をご覧の皆様は御存知だと思うが、
深夜バスへの乗車はいわば戦い!

目的地までの長い長い乗車時間の中で、
いかに効率良く暇をつぶし睡眠時間を稼ぎ、
「やられず」に生還できるかが重要なポイント!

iPodでDMMアダルトのサンプル動画を延々サーフィンし(もちろん買わない)、
体育座りの要領で膝を抱えた姿勢のまま横になり、
座席のケツを置く部分に身体全体を預ける形でなんとか少し眠れたので、
10時間半かけて朝7時に東京駅に着いたもののスッキリ健康!

この勝負オレの勝ち!とっととチャンピオンベルトよこせオラ!

とはいえ長い戦いを乗り切った身体はクタクタで、
すっかりお腹もペコちゃんだったので、
会社へと急ぐサラリーマンやOLの人波を完全に逆走し、
朝一番の「東京駅ラーメンストリート」へいてもたってもたまらずダッシュ!

はいはいお待たせ!ようやく麺レポですよ!ちょまてよ!

現在8軒あるラースト内のお店の中で、
『七彩』と『六厘舎TOKYO』のみ朝営業を行っているのだ。

何か限定っぽいのがあれば『七彩』かなーとか思っていたが、
特にそれらしきメニューは無かったので六に決定!

DSC04108.jpg

いつもは配給か炊き出しでしか見かけないような、
とんでもない行列にドン引きしてなかなか足が向かないのだが、
この時間だと並ばずに食えるというボーナスが!
深夜バスの乗車後は狙い目ですぞ奥さん!

とはいえ従業員さんもかなりの人数で回していて、
朝の立ち食いソバ感覚でやって来るサラリーマンはひっきりなし。
この辺の人気はさすが不動の六ですな~!

六といえばもちろん「つけめん」なわけだが、
7時半から10時まで提供している「朝つけめん」は、
寝ぼけた胃袋でも食べやすいよう動物系の濃度を抑えて、
魚介の風味を立たせたテイストになっているらしい。

なるほど確かにつけ汁はサラサラとしていて、
和ダシに近いようなホッと安心できる味わい。

軽めに浮いた油と魚粉が麺にしがみついてくるので、
サラサラしててもしっかり味は乗ってくる印象。

その麺も通常のものより細くしているようで、
ツルツル感を重視した食べやすい設計になっている。

並盛りだと200gと朝仕様で少なめだが、
周りのリーマンは特盛だのチャーシュー増しだのにしていて食欲旺盛!
こうして日本はメタボ大国になっていくのであった…(第一部・完)!

途中で卓上の自家製ラー油を麺に塗り塗りして、
つけ汁に溶けすぎないように浸して食べると、
適度な辛さと海老の香ばしさが加わりさらにいい感じ!

具はチャーシュー1枚とメンマ、ナルトのみと少なめだが、
その数少ない貴重な存在であるチャーシューが、
噛み切れないほど硬くて筋っぽくてまったく美味しくない!
ちょっと問題外なレベルだったけどどしたのこれ?

スープ割りは店の片隅に置かれた、
ホテルの朝食バイキングで味噌汁が入ってる例の保温機から、
セルフで好きなだけ注げるシステム。

そこに柚子パウダーと魚節を追加して、
さらに和ダシっぽくしてほっこりと軟着陸いたしました。

しかし朝っぱらから心置きなく、
『六厘舎』のつけめんを味わえる日が来ようとは…!
数年前の大崎本店のあの行列を思えば考えられないわ!

ちょっくらタイムマシンに乗って、
5年前の自分に伝えてくるから今日はここで解散!じゃあね!
(タイムマシンと間違えて秋田行き深夜バスに乗車)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑帰ってきちゃった…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

↑丼にチャッチャと振りかけられたあの禁断の甘い背脂ラーメンがやめられない貴方へ!『背脂こってり』

↑超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで、豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0102.jpg ↑箸もレンゲもおっ立っちゃうほどドロドロ濃厚なラーメンを愛する方へ!汁はねが目立たないカラーリングも注目!『DONOUKOU(ド濃厚)』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

akts0104.jpg ↑(うさぎが)100羽乗っても大丈夫!物置のように丈夫なサメさんが頼もしい!漫画家・野広実由先生デザイン『イナバのしろうさぎ』

akts0103.jpg ↑こんなサプライズなら猫好きにとっては大歓迎!漫画家みずしな孝之先生デザイン『フラッシュモブ』

akts0101.jpg ↑できることなら24時間365日ムニャムニャしていたい温かいお布団大好きクラスタの方へ!『お布団ラヴァーズ』

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

 

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (13)
宮城県 (11)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (177)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (80)
東京都(港区) (66)
東京都(新宿区) (143)
東京都(文京区) (52)
東京都(台東区) (125)
東京都(墨田区) (109)
東京都(江東区) (224)
東京都(品川区) (53)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (32)
東京都(世田谷区) (64)
東京都(渋谷区) (83)
東京都(中野区) (42)
東京都(杉並区) (68)
東京都(豊島区) (77)
東京都(北区) (31)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (28)
東京都(練馬区) (31)
東京都(足立区) (52)
東京都(葛飾区) (100)
東京都(江戸川区) (64)
東京都(八王子市) (12)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (8)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (5)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (9)
千葉県(千葉市) (33)
千葉県(市川市) (42)
千葉県(船橋市) (44)
千葉県(館山市) (3)
千葉県(木更津市) (3)
千葉県(松戸市) (24)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (12)
千葉県(柏市) (10)
千葉県(市原市) (3)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (6)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (19)
神奈川県(横浜市) (56)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (15)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (12)
埼玉県(川越市) (11)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (17)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (5)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (4)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(志木市) (3)
埼玉県(久喜市) (5)
埼玉県(富士見市) (4)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (31)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (15)
茨城県(その他) (18)
栃木県(宇都宮市) (16)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (12)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (7)
群馬県(前橋市) (5)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市北区) (3)
愛知県(名古屋市中村区) (8)
愛知県(名古屋市中区) (16)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する