FC2ブログ

らーめん 惠本将裕 神泉店@神泉

DSC06542.jpg

2018年8月23日/らーめん 惠本将裕 神泉店/神泉/
伊勢海老煮干しらーめん(塩)/850円


おい!みんなもちゃんとキチントさんを摂取してるか!?
(ドブ沼から釣り上げたばかりのザリガニをバリバリ噛み砕きながら)

食事中のコレステロールの吸収を抑える効果があるというキチントさん、
身体のことを考えたらしっかり摂取した方がいいけれど、
毎日毎日そんなに甲殻類ばかり食べるわけにもいかないわけで。

そこでラヲタ的にはエビやカニを使ったラーメンを食えば、
そのラーメンのコレステロールも抑えられて一石二鳥!
さっそく以前から気になっていた一杯を求めて渋谷に移動します!

えっ?正しくはキチンキトサン?キチントさんは台所周りの用品?
うるせー!高卒にそんな難しい話されても理解できるか!

DSC06539.jpg

そのお店は住所で見ると「第18宮廷マンション」にあるらしいのだが、
パッと見はちょっと古めかしいごく普通のマンションで、
およそここに飲食店があるようには思えずちょっと戸惑ってしまう。

しかし目を凝らしてよーく見ると1階の向かって右側部分に、
天井までの高さが2メートルも無い洞窟のような狭い通路があるじゃない!

DSC06540.jpg

DSC06541.jpg

気分はもうすっかり完全にロールプレイングゲームの主人公になり、
ドラクエの洞窟内での8ビットミュージックを鼻歌で完全再現しながら、
通路の一番奥の奥まで進んだところにようやく「ラーメン」の提灯を発見!
飲食店としては相当にハードルの高い立地ですこと…!

映画や漫画のポスターが貼られたこちら『惠本将裕』さんは、
かつて中目黒の鉄板焼き屋で昼だけ間借り営業していた同名店の支店で、
コの字カウンターだけのクローズドなバーのような静かな佇まいで、
厨房には頭をかがめて入らないといけないような狭苦しさ。

メニューは本店を踏襲した「煮干しらーめん」「伊勢海老煮干しらーめん」に、
「つけめん」「海老まぜそば」「豆乳冷やし担担担麺」(原文ママ)など。

未食の「伊勢海老煮干しらーめん」を塩味でオーダすると、
あっという間にキッチンタイマーが鳴ったかと思うや秒でサーブ!
さては…俺が来ることを足音で察知してすでに茹でていたというのか…!?

丼からはビーエーのオイニーがプンプンに立ち上ってきていて、
スープはひと口目から一気に伊勢海老の風味が猛プッシュ!

おそらく通常の「煮干しらーめん」に伊勢海老の油を浮かべた仕様で、
序盤は終始エビがニボをリードする展開となっているが、
飲み進めて油が減ってくると徐々に煮干しの風味が顔を出し、
さっぱりした塩ダレのおかげでスイスイいけちゃう美味しさっす!

麺は2分かからないで茹で上がる細めのストレートタイプで、
箸でたぐるとうっすらと透明がかっているようなビジュアル。

しっかり歯ごたえを残したコリコリとした噛み心地で、
クセのない性格なので個性の強いスープにも上手く調和していて、
ひと玉で130グラム程度と程よいボリュームは病み上がりに優しいね!

チャーシューはほんのりレアに仕上げた低温調理ロース肉が2枚、
さらにサクサクした食感が心地よいタケノコに近いメンマ、
それにほうれん草に紫タマネギとしっかりお野菜も摂れますぜ!

たぶんここは夜にフラリと訪れてビールで喉を湿らせたら、
つまみチャーシューや「がんこ母ちゃんのぬか床だき」でもつまんで、
〆にラーメンを食べるのがベストな使い方なんだろうな!

女の子でも連れてったら「よくこんなお店知ってるね!」なんて、
お株が上がっちゃうかもしれないな!グヘヘ!グヘグヘ!
(歯の間から無数のザリガニの破片をポロポロこぼしながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑食う前にボルヴィックですすいだよ気分でポチッと押してくださいませ~

↓ヤサイマシマシの山盛りラーメンに挑むすべての登山家たちへ!
↓小豚ダブルの方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?
akts-0063.jpg

 
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 水@渋谷

DSC06408.jpg

2018年7月20日/麺屋 水/渋谷/
水らーめん/800円


あぢぃ…毎日毎日あぢぃ…暑くて身体が溶けちゃう…!
(歩いてきた跡にナメクジのようなラインを残しながら)

お腹よわよわクラスタとしてはどんなに真夏の暑い時期でも、
限定とかで提供される冷たい系のラーメンには手を出さないできたが、
ここまでの酷暑で食欲も落ちきってるし背に腹は変えられない!
身体の中からキンキンに冷やして熱中症対策しないとヤバ過ぎる!

ということですぐに頭に思い浮かんだのが昨年オープンの『水』で、
以前は夏場が冷たいラーメンで秋冬は竹岡式ラーメンを提供していたが、
なんとなーくプライオリティが上がらないまま宿題になっていたお店。

しかしこのたび大森から渋谷への移転に伴い、
なんとキャバクラの店舗を昼だけ使った間借り営業となり、
さらに土日祝日は休みの平日2時間のみ営業っていうじゃない!

全国津々浦々のNo.1キャバ嬢と浮名を流してきたことから、
「江東区のドンファン」と呼ばれてきた俺としては望むところよ!
さっそく平日のドッ昼間に滝汗を流しながら渋谷へGO!

DSC06405.jpg

DSC06406.jpg

DSC06407.jpg

お店のある「新大宗ソシアルビル」は渋谷駅南口からすぐだが、
なんとその間にティッシュ配りや立て看板を持つスタッフが何人もいて、
積極的に客引きしたりと個人店とは思えない気合いの入れよう。

いかにもな雑居ビルのエレベーターで4階に上がると、
「ARPEGGIO」というキャバクラの入口に確かにノレンが下がっていて、
まずは店頭の券売機で食券を買ってから入店するシステム。

とはいえ麺メニューは「水らーめん」の1杯から3杯のバリエーションのみで、
あとは生ビールとハイボールといったアルコールがあるだけなので、
ノーシンキングで「水らーめん」をチョイスしていざ店内へ。

なぜかやしきたかじん縛りのBGMが流れる店内は、
ボックス席が並ぶ空間を入口から中央で左右に区切っており、
左側はラーメンの客用で右側ではなんと昼キャバも同時営業していて、
実際におっさんをチャイナドレス姿のお嬢が接客中というカオス状態!

しかし昼時になるとサラリーマンの団体客が続々と押し寄せ、
昼キャバエリアの空いてるボックス席にもどんどん通されてしまい、
ズルズルとラーメンを啜る集団に囲まれてさすがにバツが悪かったのか、
おっさんは早々に切り上げて去っていきました!ごめんなさいね!

なにせキャバクラなので終日喫煙OKなのは致し方ないところだが、
店内は照明も明るく大型テレビではNHKニュースが流れていて、
店員さんはただならぬ雰囲気からして普段は黒服の皆さんなのかね?

ライスと替え玉は無料なのでひとまずお冷やをひと口飲んで、
セルフサービスの麦飯とタクアンをよそって席に戻ると、
もうすでに「水らーめん」がセッティングしてあるという素早さ!

スープはキンキンに冷たいというわけではなく程々の温度で、
おそらく動物系不使用で鰹や煮干や昆布など乾物のみのダシで、
甘めの味付けの中に柔らかいダシの風味が広がり美味しいじゃん!

DSC06409.jpg

氷はそのダシを凍らせた「ダシ氷」なので最後まで薄まらず、
徐々にスープの温度を下げて清涼感もアップするナイスアイテムで、
東銀座『Pour cafe』の「山形水ラーメン」でも採用されてたね!

麺は普通盛りでも250グラムというなかなかのボリュームで、
これとライスがあれば俺は替え玉しなくても充分です!

かなりの極太サイズで強いちぢれが付けられており、
どこか喜多方あたりの麺にも通ずるモチモチプリプリの食感で、
夏バテ気味のコンディションでもスイスイ胃袋に収まりますな!

チャーシューは大森時代は豚だったらしいが移転を機に鶏に代わり、
コラーゲンの部分が煮こごりのように固まった皮付きのモモ肉で、
冷やしゆえにちょいとクセは出るけどかえってアクセントになってる印象。

そして新鮮なミツバが葉っぱも茎もどっさり乗っていて、
麺にもスープにもしっかり絡んできて爽やかさをもたらしてくれる。

さらにフニフニしたメンマと半熟のゆで卵が半分に加えて、
大根の漬物かなにかを細かく刻んだものも浮いていて、
時々そのサクサクとした食感がプラスされるのも楽しいっす!

DSC06410.jpg

DSC06411.jpg

麺を食べ終えてもまだスープにたくさんミツバが残っているので、
そこにライスと卓上のS&B山椒をぶっ込んで「冷やし茶漬け」で〆じゃ!

冷たいスープは米だとベチャッとしちゃいがちだけど、
麦飯なのでサラッとしていて喉越しよく食べられるのがいいね!

客引きに促されて何も知らずに入ってきたサラリーマン達が、
その異様なシチュエーションに「大丈夫かよここ…」とヒソヒソ言ってたのに、
いざ食べると「あれっ?うめぇじゃん!」と掌返してたのが印象的だった。

食後にエレベーターで1階に降りたらさっきチャイナドレスで接客していた、
お嬢が仕事終わりの私服姿でスマホをいじって突っ立っていたので、
もちろん秒でナンパしてお持ち帰り…などできるわけもなく、
目線を合わせないようにそーっとそーっと逃げるように帰りましたとさ!

これじゃ「江東区のドンファン」どころかダンカンにもなれやしないわ!わーん!
ダンカン馬鹿野郎!ドンファン馬鹿野郎!(首カクカク)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑誰か昼キャバおごってください気分でポチッと押してくださいませ~

↓ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
↓炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
↓『ラーメンライス軍』ただいま隊員募集中!
akts0095.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華麺店 喜楽@渋谷

DSC06095.jpg

2018年5月6日/中華麺店 喜楽/渋谷/
ワンタン麺/850円


俺の趣味丸出しでコンスタントに作り続けている、
悪意1000%ラーメン系Tシャツの新作『麺のかたさ』が完成したので、
本日はECサイトで販売する用のバナー写真を撮るために、
最近はもっぱら外国人観光客に人気の某ラーメン屋の渋谷店へ。

ほら!あそこなら隣の客との仕切りもあるし(ヒント1)、
カウンターも目隠しされていて店員とも目が合わないし(ヒント2)、
堂々と撮りたいだけ写真が撮れるからありがたいのよね!

撮影終了後は速やかにモデルさんを胃袋に収めたものの、
量も少ないしチャーシューもイマイチでまったく物足りなかったので、
鉄板焼き屋さんがランチにラーメンを提供しているという、
『ITACHI RAMEN』さんで連食とまいりましょうかね!

お店は『憧求』の向かいあたりのビルの2階にあり、
ラブホ街でおなじみ円山町のすぐ近くなので、
食ったらハメのひとつでも外しに行っちゃおうかしら!ガッハッハー!

DSC06080_20180625123606c55.jpg

DSC06079_20180625123605453.jpg

ハメハメハーーー!!!

もはや提灯も出てないし特に張り紙もなかったので、
ひょっとしたらもうラーメンはやめちゃったのかもしれませんね!
だとしたらもう俺も来ることは無いかな!さよならブーッ!

見事なイタチの最後っ屁をかましたところでリカバリを考えたが、
なんとなく老舗の『喜楽』を思い出しちゃったが最後、
もうあの揚げネギの効いたラーメンが食べたくて食べたくて!
ヨダレで溜め池ができる勢いなのでさっそく向かいます!

DSC06094_20180625123619af1.jpg

向かいには老舗のストリップ「道頓堀劇場」がある、
古くから渋谷に根付いた「しぶや百軒店」の坂の途中にあり、
14時を過ぎても前5人後続々と長い並びが発生する、
相変わらずの人気っぷりでオールドラヲタとしては頼もしい限り。

11年前に訪れた際は2階のテーブル席に通されてしまったので、
厨房をかぶり付きで拝めるカウンター席は初体験で、
思わず「優しくしてね…」と目を伏せるも誰からも相手にされず!

麺茹でや盛り付けなどの主な調理は若い店員さんに任せ、
ベテラン勢はもやしやチャーハンを炒めたりレジ係などを担当。

麺類メニューは「中華麺」「もやし麺」「ワンタン麺」などで、
さらに「タンメン」や「五目麺」といった塩味系も揃っている。
ワンタニスタを目指す身としては「ワンタン麺」しかないよねー!

まずは具材がはみ出る勢いでこんもりと山になっていて、
こちらに挨拶してるかのようなビジュアルにテンションが上がるね!

スープのベースになっているのは豚骨と鶏ガラの動物系のみで、
寸胴の表面には多少の野菜が浮かんでいるのも見え、
あっさりしてるんだけどしっかりした厚い旨味があり、
クラシカルだけどまったく色褪せた感じがしなくて美味しいのねー!

そこに台湾のラーメンを手本にしたというネギを揚げた油が張られ、
その甘みと香ばしさが独特のアクセントを醸し出しております!

タイマーを使わず指の感触と一本の試食のもとに茹でられる、
中太サイズの平打ち麺は150グラム前後とボリュームもたっぷり。

一本一本が短いので啜るとスポンスポンと口に収まるのが楽しく、
噛むと弾けるようなパツパツした食感も唯一無二の存在!
茹でもやしと一緒に頬張るとコントラストがいいねー!

ゴリッとした硬めのロースを使ったチャーシューや、
半熟ではなくおでん風の玉子もどこか台湾風の味付け。

そしてワンタンは分厚くてモチモチした皮の中に、
かすかにお酒が香るプチプチした肉餡がしっかり詰まってて、
これだけで酢醤油で食べたらビールが止まらんだろうな!

茹でではなくニンジンやニラを混ぜてザッと炒めたもやしが乗る、
「もやし麺」もすこぶる旨そうだったので次回チャンスがあればアレだな!
創業40年超えの老舗ながらまだまだ元気そうなので安心しました!

なお先ほど「ハメを外してどうこう」という発言がありましたが、
実際は円山町から狭い路地を抜けて店に向かう途中、
リアルに立ちんぼしてた美人のエロい女性に「お兄さん…」と腕を掴まれ、
ビビって大急ぎで逃げてきたのが現実でございます…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑いくじなしですいません気分でポチッと押してくださいませ~

↓漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ『テッポウ禁止』
↓「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
↓これを着てれば力士に突然張り手を喰らわされる心配ナシ!
akts-0059_20151215185140903.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Tonari@神泉

DSC04141.jpg

2016年12月3日/Tonari/神泉/
牡蠣ラーメン/900円


うわーっ!亜鉛!亜鉛を摂取したいよーっ!
(鉄分代わりにダンベルをガジガジかじりながら)

疲れやストレスが溜まってくるとすぐ味覚障害を起こすので、
最近は毎日亜鉛のサプリメントを飲むようにしているのだが、
今日はピルケースをうっかり忘れて出かけてしまい、
何か代用できるものを食べないと味が分からなくなっちゃうよー!

というわけで急ぎ電車で向かったのは渋谷区神泉、
ここにオープンした『Tonari』なる店で提供している牡蠣のラーメンで、
良質な亜鉛をたっぷり摂取して応急処置といたします!

えっ?だったら家に戻ってピルケースを取ってきたほうが早い?
ちょっと俺には難解すぎて君の意見はまったく理解できませんね!

DSC04140_20180327120642081.jpg

いちおう最寄り駅は神泉だが渋谷からでもアクセスは可能で、
なぜか常に震度1程度の微振動が絶えない円山町のラブホ街の一角。

こちらはオイスターバーの『スパイラル』が始めた新業態店で、
店舗がそのすぐ隣りにあるから屋号が『Tonari』なのね!

カウンターのみのこじんまりしたダイニングのようなオシャレ空間で、
チェックのシャツにジーンズ姿とカジュアルな出で立ちの店長さん?に、
笑顔がキュートな可愛らしい女の子店員ちゃんの二人体制。

「白醤油鶏そば」「黒醤油煮干しそば」「ゆず塩鶏そば」などある中で、
もちろんお目当てはその名もズバリの「牡蠣ラーメン」です!

ジップロックコンテナから取り出した見るからに大ぶりの牡蠣を、
小鍋でダシとともにスープで軽く煮て旨味を引き出し、
牡蠣醤油で味付けしてまとめたというまさに牡蠣尽くしの一杯だが、
そのベースとなっているのはあっさりとした鶏ガラ清湯。

表面に軽く浮かべた鶏油のまろんとした甘みも感じられ、
小さじ一杯分ほどの魚粉による魚介風味も立っているのだが、
それゆえ独特のザラッとした舌触りが好みを分けそうなところ。

そして麺は安心と安定の三河屋製麺による、
一本がヒョローッと長い細めのストレートタイプを合わせている。

低加水でサクサクとしたスナッキーな噛みごたえをしており、
たっぷりのネギや柚子皮やミツバなどの香味軍団が、
啜るたびに食感や香りをあれこれ演出してくれるのが楽しいね!

具はしっとりと柔らかめな鶏チャーシューが2枚と極太メンマが1本、
それに生食でもいけるという大ぶりの牡蠣が贅沢に3個!

DSC04142_2018032712064586d.jpg

半生くらいの火の通し方なのでプリプリとした食感で、
とにかくその独特の渋み苦みを伴う旨味の濃さが特筆もの!
牡蠣が苦手だった20年前の俺には到底理解できまい!

夜はこちらもちょっとしたバルとして営業しているそうで、
各地から取り寄せたこのプリプリ野郎どもをたっぷり食べられるみたいなので、
また亜鉛が足りなくなったら緊急補給しに来なくっちゃな!

それによって藤原組長みたいな絶倫になっちゃったらどうしよう!
毎日足腰立たなくなっちゃうなー!いやーもうエッチー!ガハハー!
(ダンベルの噛みすぎでボロボロになった歯を見せながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑亜鉛だけでなくカルシウムもね気分でポチッと押してくださいませ~

↓漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
↓かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
↓『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
akts0069.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメンの店 ホープ軒@千駄ヶ谷

DSC03183.jpg

2016年6月3日/ラーメンの店 ホープ軒/千駄ヶ谷/
ラーメン/700円


<過去の『ホープ軒』訪問レポ>
1回目2回目

4月から5月にかけての5週連続イベント出店に伴う、
怒濤の25連勤を乗り切った自分へのご褒美に、
本日は金曜日ですがお休みを頂戴させていただいております!

池袋のサンシャインシティで開催されている「めんそーれ沖縄フェスタ」で、
真っ昼間から浴びるほどオリオンビールを呑み、
きいやま商店の無料ライヴに盛り上がった頃にはすでに夕暮れ時。

ほろ酔い気分で今度はJRを乗り継いで信濃町へ移動し、
今年初の野球観戦となる東京ヤクルト×オリックスの交流戦を観るのです!

こんなに一日たっぷり遊んじゃって申し訳ない気持ちでいっぱいです!
あと40年以内をメドに死んでお詫びするので許してください!

いちおう東京もんなのでヤクルト贔屓の目線で観ていたのだが、
先発のライアン小川投手が初回から簡単に失点しちゃうわ、
パ・リーグの投手にあっさりタイムリーは打たれるわ、
打線はチャンスを作ってもあと一本が出ないわで地獄のような敗戦!

バファローズポンタよろしくユニホームどころか衣服も全部脱ぎ捨てて、
なんとも言えない感情のまま千駄ヶ谷に向けて歩いていると、
懐かしさがこみ上げてくる「ホープ軒」のネオンが見えてきて、
思わず誘蛾灯に吸い込まれるヤママユガのように行列に並んでたよね!

DSC03182.jpg

今や東京ラーメンのレジェンド的存在であるこちらは、
のちに吉祥寺に『ホープ軒本舗』を開業する屋台のチェーン店として、
昭和35年に創業した背脂チャッチャ系のパイオニアであり、
今でも年中無休24時間営業を貫いているストロングスタイル。

とはいえ店内は改装されたのかとても清潔でキレイになっていて、
今まではセルフだったジャスミン茶の入ったコップを、
店員さんが持ってきてくれたりとサービス面も大きく向上。

とはいえあの昭和テイスト満載の豚のイラストや、
行列してる客の暇つぶし用に貼られた手書きの詰め将棋の譜面など、
いにしえの歴史を感じさせるアイコンはそこかしこに残っている。

2階3階は団体向けのテーブル席だが1階は立ち食いスタイルで、
20杯分はゆうに超える丼にダバダバスープを注いでいく厨房の様子や、
「打てる捕手が欲しいっす」とボヤく隣のBsファンのトークを聞いているうちに、
その20杯の中からさほど待たず「ラーメン」がサーブされた。

いつものことだけど試合終わりで客がごった返すこのタイミングだと、
流れ作業でチャッチャされるため背脂はちょっと少なめ。
いつぞやはまったく入ってなかったこともあったなぁ…!

豚骨や鶏ガラをじっくり煮込んだ動物オンリーのスープは、
意外にしっかりダシが出ていてまろやかなコクを感じさせるもので、
そこに甘さとこってり感をもたらす背脂がこれ以上ないくらいベストマッチ!

個人的にはもっとギトギトでも全然良かったんだけど、
さんざん呑んだビールの量そして年齢を自覚してくださいねこむらさん!

うるせぇ!どうせあと50年以内に死ななきゃいけねぇんだ好きに食わせろ!
(こっそりさっき言ってたより10年延命してるじゃねぇか)

しかし昔と印象が一番違うように思えたのはむしろ麺のほうで、
ビルの4階の製麺スペースで毎日打っているという、
でっぷりと太ったストレートタイプに変わってるじゃないの!

時間効率を考えて太麺でも早く茹で上がるように計算されたのか、
グルテン弱めのフカフカした食感はかなりユニークなもので、
食べても食べても全然お腹に溜まった感じがしないのがなんとも不思議!

バラロールチャーシューはケチケチせずしっかり厚切りだし、
入れ放題のネギも減る都度ちゃんと補充してくれて、
そのネギは辛味も申し分ないくらい新鮮でシャキシャキしてるし、
いまだに人気が衰えない理由がなんとなく分かった気がします!

現在は真向かいは完全に更地になっているが、
新しい国立競技場が出来た暁にはオリンピックも控えているわけだし、
ぜひ世界各国から訪れるであろう外国人も食べてみればいいと思うよ!

こんにちは〜!こんにちは~!握手を~し~よ~おぉ~!
(背脂にまみれたベタベタの手で)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あとでよーく洗ってね気分でポチッと押してくださいませ~

akts0098.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾『しっぽ!しっぽ!』!
 自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺の坊 砦@神泉

DSC02775_20160418164523aac.jpg

2016年3月21日/麺の坊 砦/神泉/
砦らぁめん+ちっちゃいごはん/720円+120円


三連休のラストとなる春分の日を有意義に過ごすべく、
午前中から東横線に乗り込んでのラーメン遠征、
まずは都立大学の『PARADE』さんで塩煮干しのラーメンを堪能。

俺の「ラーメン連食理論」に基づけば魚介系ラーメンの後は、
その真逆に位置する豚骨系を狙いたいところだが、
買い物とカラーギャング撃退のために寄り道した渋谷あたりだと、
『風龍』とか『博多天神』とかどうもチェーン店ばかりが目立つ。

そこでテク歩(ポ)テク歩(ポ)と高級住宅街の松濤を抜けて、
約8年ぶりのリピートとなる『砦』さんに向かってみます!

DSC02774_201604181645161af.jpg

駅からちょっと離れた山手通り沿いと不便な立地ながらも、
某韓流スターや某芸能人なども足しげく通うお店であり、
そのネームバリューの広さはラヲタでない層にも浸透している人気店。

丸メガネとタレ目とヒゲと鼻デカの四人組(ビートルズ)がBGMに流れる店内は、
開店からだいぶ年数は経ったはずだが掃除が行き届き非常にキレイで、
大人数の店員さん達の接客も明るくイキイキとしていて、
まさに人生を謳歌してます!というオーラが伝わってくるかのよう。

俺みたいに濁った目をしてる人なんて全然いないよ…!
(育ってきたドープな環境を遠い目で思い出しながら)

昨年末から限定で出ていたあえての清湯スープによる、
「15周年の醤油らぁめん」がまだあればと思っていたのだが、
もちろんとっくに終わっていて現在は春限定の「春野菜の鶏白湯」に変更に。

あんまりチキンのヘビーなスープの気分ではなかったので、
久しぶりに基本の基本である「砦らぁめん」に、
ラーメンライス軍隊長として当然「ちっちゃいごはん」も添えるのである!

ミニサイズかな?と思うほど小ぶりな丼でサーブされる「砦らぁめん」は、
濃厚さとは無縁のサラッとしたライトな白濁豚骨スープ。

しかしそこは『一風堂』のDNAを叩き込まれたサラブレッドだけあって、
旨味や栄養分だけがしっかりと抽出された極上スープに仕上がっていて、
油分ではなくコラーゲンによるまろやかさが上品で非常に美味しい!
後味がベタつかないのですっきりしてるのもグイグイ飲んじゃう好要素だね!

麺はお好みで細麺か太麺&茹で加減を指定できるので、
細麺のバリカタでお願いしたので茹で時間はほんの15秒ほど。

おそらく切り刃だと22番くらいではないかという超極細ストレートで、
バリカタだとコリコリした歯ごたえのいい食感が楽しめ、
最後までダレずにそのしなやかさとコシをキープしている。

ただし昼は替え玉やごはんを付けることを前提で、
夜や休日はパイイチやるお客さん前提で量はかなり少ないので、
連食しないんであれば積極的に追加注文したほうがよろしくってよ!

ロース肉のチャーシューはこんなに旨かったっけ?と思うほど、
トロトロジューシーでごはんともバッチリナイスカップル!

あとは茹でモヤシとキクラゲとネギだけとシンプルだが、
その分卓上に色々とアイテムが揃っているので問題なし!

まず白黒アンジャッシュ(長寿番組)じゃなくて白黒ミックスのゴマを擦り、
中盤には生のニンニクをクラッシュしてガツンとパンチを増強、
そして麺を食べ終わる直前に紅生姜を入れてさっぱりフィニッシュ!

と見せかけてここで余らせておいたごはんをスープに全投入し、
4種の胡椒と激辛高菜をドサッとかけて〆のスタミナ雑炊でトドメじゃ!
これには思わず米粒のひとつもスープの一滴も残さず完食です!

しかし調子に乗って連食+ごはんまで食っちゃって、
結果的に夜までまったく腹が減らなかったので、
晩メシはレトルトのおかゆとドライ納豆だけで済ませるという、
ヘボすぎるクライマックスを迎えた三連休なのでした…!

まぁ目の濁りきった野郎にはこんな夜がお似合いですよ…!
(またドープな少年時代を遠い目で思い出しながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ダークネス全開気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg

↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』!
 ムーコがTシャツを「ぴー」してるように見えます!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新潟らぁ麺専門店 我武者羅@幡ヶ谷

DSC02423_201602021822093ad.jpg

2016年1月11日/新潟らぁ麺専門店 我武者羅/幡ヶ谷/
生姜の油そば/720円


午前中から新宿で映画を鑑賞してきた3連休の最終日、
その後の麺活はまず明大前の『きび』で優しい中華そばを堪能し、
せっかく滅多に乗らない京王線なのでもう一軒どこか考えることに。

しかし『しば田』はツイッターで30人待ちという情報が伝わり、
『金色不如帰』は10周年記念の限定メニューのみですでに整理券が配布終了と、
なかなか福澤朗アナで言うところのジャストミートができなかったのだが、
あれこれ検索しまくってるうちに超絶気になるメニューを発見!

新潟は長岡の生姜醤油ラーメンの専門店になってから、
一度行ったきりだった幡ヶ谷の『我武者羅』で、
なんと「生姜の油そば」なるブツを提供してるっていうじゃないの!

毎日のバスタイムの際に石けんの代わりとして、
おろした生姜を全身に擦り込んでボディウォッシュしている、
テレビラジオでお馴染みのジンジャリストといたしましては、
これはさすがに見逃すわけにはいかないのでさっそく行ってみます!

DSC02422_20160202182208274.jpg

さすがに祝日ということでカウンター席はいっぱいの大盛況で、
蓮沼店主はもう完全に代々木の『角栄』に専念しているようで、
メガネの店長さんとにこやかな接客の女性二人で切り盛りしている。

それにしても相変わらず常連さんの顔は一切忘れていないであろう、
女性店員さんの完璧すぎる接客は素晴らしいのひと言!

Tシャツを展示販売する出店イベントで極度の人見知りから、
終始顔が引きつってるキョドリ王のこの俺に爪のアカを!アカをください!

メニューは以前より色々と増えており「らぁ麺」も醤油と塩の2種類に、
さらに限定の「旨辛もやし中華」とか上越の「豚汁らぁ麺」もあったけど、
ここは初志貫徹で「生姜の油そば」一本で行かせていただきやす!

あらかじめタレと油を麺に和えた状態でサーブされ、
顔を近付けるとなんともかぐわしい生姜の香りにすでにメロメロ!
俺を落としたい女子はこのコスメを使えばイチコロだぜ(オエーッ)!

中太のストレート麺はデフォルトでも圧巻の200グラムで、
それほど太くはないもののコシがありモッチリとした食感で、
単体で食べてもしっかりと存在感があって美味しい。

そこに動物系由来のねっとりとしたタレと生姜油がしっかり絡まり、
さらに毎朝仕込んでいるという擦りおろし生姜も乗っかって、
口の中はもう一気にめくるめくジンジャーワールドへ!
むしろ無料サービスの「生姜多め」にしても全然良かったぐらい!

ただ俺があまり油そば系を好まない理由でもある、
「食べてるうちに口の中がモッサリしてくる」期に突入した中盤に、
狙いすましたかのように「こちらどうぞー!」と女性店員さんから、
おまけのスープが供されるという絶妙な落としのテクニック!

DSC02424_20160202182211f85.jpg

こちらもかすかに生姜の香りがする清湯ダシで、
口をさっぱりリフレッシュさせるのにはうってつけのアイテム!
麺をちょっと泳がせてつけ麺風にしても楽しいね!

具はチャーシューの代わりに厚切りの豚バラ肉とメンマ、
それにカイワレや刻みタマネギなどの薬味軍団。
バラ肉と生姜なんてもう見飽きるくらい熱々のカップルじゃんか!

温泉玉子や辛もやしなどのトッピングもオススメらしいのだが、
それすら入れる必要もなく一気に完食しちゃいましたよ!
あーこれだからジンジャリストはやめられない!ってか!

えっ?さっき言ってた生姜ボディーソープは効果があるのかって?

もちろん刺激にやられて全身キズだらけのかぶれまくりだよ!
いいんだよ!人の趣味趣向に口出しすんじゃねぇよ馬鹿野郎…グギャーッ!
(読者様に汚い言葉を使ったので生姜目つぶしの刑)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑目が!目がぁー!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』着用はくれぐれも自己責任で!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Ginger Noodle Spot 角栄@代々木

DSC02293.jpg

2015年12月17日/Ginger Noodle Spot 角栄/代々木/
味玉ラアメン/880円


やぁ!俺はテレビラジオでおなじみの生姜大好きジンジャリスト!

AMラジオを聴いてると朝から晩までウンザリするほど流れてる、
「10!20!30!」ってCMは実は俺がスポンサーだからね!
あの数字は生姜をかじる回数を表現してるからそこんとこヨロシク!

19歳で世界を一周したこともあるそんなこの俺が、
水曜日が来るのをこんなにソワソワ待ったことがあったろうか!

というのも新潟系の濃厚な味噌ラーメンを提供している『角栄』が、
長岡の「生姜醤油ラーメン」を提供する二毛作営業を始めたのだが、
それが毎週水曜木曜のみという実に高いハードルなのだ!

絶対に忘れまいと今月のカレンダーを己の腹にタトゥーで彫り込み、
赤の油性マジックでしっかり水曜と木曜にマルを書いて、
なんとか仕事を調整して本日の訪問に至ったわけであります!
その代わり身体に一生消せない代償を負ったけど後悔はしてません!

DSC02291_20160202181701623.jpg

DSC02292_2016020218170254f.jpg

奥に長く続くカウンターとテーブルもセットされた店内は、
相変わらず小綺麗でオシャレなレストランのような雰囲気で、
蓮沼店主ご本人がちゃんと厨房にいて調理を担当してるのが素晴らしいね!

ちなみに卓上には激辛の「デスソース」が置いてあるのだが、
「無料サービスを続けていくため無駄な使用はご遠慮ください」と注意書きが。

ってことは面白半分でむやみやたら使う不届き者がいるってことか!
そういう輩には粘膜という粘膜にデスソースを擦り込んでやるから覚悟しとけ!
(ですから無駄な使用はご遠慮ください)

メニューはカタカナ表記の「ラアメン」「ツケメン」にトッピングのみで、
飾られたPOPの「卵かけゴハン」や「メンマゴハン」の写真もやたら旨そう!

さて長岡生姜醤油ラーメンといってもそのまま再現するわけではなく、
『弥彦』『どっかん』などで数々の新潟ラーメンを作ってきた蓮沼さんらしく、
アレンジを加えて現代風にブラッシュアップしたものだそうで、
サーブされた「味玉ラアメン」のビジュアルはまさに今時のラーメンそのもの。

具を盛り付けてから最後に油を回しかけるため、
レンゲですくうひと口目はスープと油が完全に二層になっていて、
コク深くじんわり染みる鶏清湯ダシに鶏油のまろみ、
そして生姜のピリリと辛いアクセントが実に効果的でめちゃ美味しい!

その生姜はおそらく鶏油に味を移してるんだと思うけど、
さらに擦りおろしたものもスプーン一杯ぶんほどチョコンと乗っていて、
それが溶けていくとますます深いジンジャーワールドが展開されていく。

もう序盤の段階からスープまで完飲しちゃうのを確信しました!
だって美味しいんだものこりゃしょうがない!生姜だけに!

三河屋製麺の麺箱から茹でていく細めのストレート麺は、
一本一本がかなり長くて調理の際にトングでほぐすのもかなり大変そう。

そのためツルツルツルッと軽快にかつ爽快に啜ることができて、
やや柔らかめで弾力のあるモンニリとした食感は、
スープとは対照的にどこか懐かしいオールドスタイルなのが面白いね!

豚はシャクッとした食感と肉々しい味わいが印象深い焼き豚で、
鶏はしっとりプルンとした滑らか食感のムネ肉ハムタイプ。

味玉はかじると黄身がいい感じにトローンと流れてくるので、
モレッとならないようにレンゲに溜めて麺を絡ませ、
即席の釜玉ラーメン風にして食べた日にゃあ、
そりゃマジでひとり一揆レベルまでテンション上がるってもんです!

DSC02294_20160202181705278.jpg

丼の傍らにはさりげなく刻み昆布がセットされていて、
ときどき箸休めにコリコリと挟んでいるうちに、
有言実行のスープまで綺麗に完食完飲でございます!まーそのー!

食後は生姜の効果で代謝が上がったのか身体がポッカポカ!
ついに洋服を必要としない身体を手に入れたぜ!スポーン!
(当然5秒で唇が紫色に変色しガタガタと震え出す)

さ…寒いよぉ…!奥歯の鳴る回数が10…20…30…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑新宿事務所気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0059_20151215185140903.jpg
↑漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ!
 「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
 これを着てれば力士に張り手を喰らわされる心配ナシ!『テッポウ禁止』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

ブログ内検索フォーム

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

↑丼にチャッチャと振りかけられたあの禁断の甘い背脂ラーメンがやめられない貴方へ!『背脂こってり』

↑超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで、豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0102.jpg ↑箸もレンゲもおっ立っちゃうほどドロドロ濃厚なラーメンを愛する方へ!汁はねが目立たないカラーリングも注目!『DONOUKOU(ド濃厚)』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

 

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (13)
宮城県 (11)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (178)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (80)
東京都(港区) (66)
東京都(新宿区) (143)
東京都(文京区) (53)
東京都(台東区) (126)
東京都(墨田区) (111)
東京都(江東区) (224)
東京都(品川区) (54)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (32)
東京都(世田谷区) (64)
東京都(渋谷区) (83)
東京都(中野区) (42)
東京都(杉並区) (69)
東京都(豊島区) (77)
東京都(北区) (31)
東京都(荒川区) (18)
東京都(板橋区) (28)
東京都(練馬区) (31)
東京都(足立区) (52)
東京都(葛飾区) (100)
東京都(江戸川区) (64)
東京都(八王子市) (12)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (8)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (5)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (9)
千葉県(千葉市) (33)
千葉県(市川市) (43)
千葉県(船橋市) (46)
千葉県(館山市) (3)
千葉県(木更津市) (3)
千葉県(松戸市) (24)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (12)
千葉県(柏市) (10)
千葉県(市原市) (3)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (6)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (19)
神奈川県(横浜市) (56)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (15)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (12)
埼玉県(川越市) (11)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (17)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (6)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (4)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(志木市) (3)
埼玉県(久喜市) (5)
埼玉県(富士見市) (4)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (34)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (15)
茨城県(その他) (18)
栃木県(宇都宮市) (16)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (12)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (7)
群馬県(前橋市) (5)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市北区) (3)
愛知県(名古屋市中村区) (8)
愛知県(名古屋市中区) (16)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する