FC2ブログ

中華そば 弁多津@羽生PA上り線 鬼平江戸処

DSC06602.jpg

2018年9月3日/中華そば 弁多津/羽生PA上り線 鬼平江戸処/
海老塩ワンタン麺/1,050円


マイ牛タンを噛み切られるような成績に終わってしまった、
一年ぶりの仙台でのイベント出展に伴う出張withオカンは、
日帰り温泉と道の駅を冷やかして午後には一路東京へと出発。

相変わらず軽自動車にムリヤリくっつけたサイドカーは、
ボディに竹竿とテグスのみで固定してあるのでガタガタと振動がひどく、
さすがに帰りは俺がそっちに乗ったのだがこりゃ最悪だわ!
助手席から見つめるオカンも心配そうだわ!(誰が運転してるの?)

それでも夜にはなんとか東北道で埼玉まで辿り着いたので、
この出張のもうひとつの楽しみだった羽生パーキングエリアで休憩!

ウチのオカンが時代劇や時代小説が大好きということは、
オカンのSHOWROOMを毎日ご覧の方なら周知の事実だと思うが、
なんとこの羽生サービスエリアの下り線は「鬼平江戸処」と称し、
鬼平犯科帳の世界観を再現したテーマパークとなっているのです!

DSC06599.jpg

DSC06600.jpg

かつて羽生の近くに日光街道を取り締まる栗橋関所があったため、
外観を江戸時代の長屋風に大幅リニューアルしたという、
ティーンの心にはちょっとも届かないであろうコンセプト。

中には江戸っぽさを演出した土産物がたくさん並ぶショップや、
「鬼平犯科帳」の小説に出てくる有名店がプロデュースした、
様々なジャンルの7店舗がひしめくフードコートを完備していて、
もちろん俺がその中からチョイスしたのは中華そばの『弁多津』さん!

DSC06601.jpg

こちらはあの黒コゲおじさんことミスターかりんとうこと、
茂出木シェフでおなじみの『たいめいけん』の監修だそうな。

江戸時代にはもちろん「中華そば」などという食い物は、
まだこれっぽっちも庶民には浸透していない時代なので、
ここでは江戸っ子好みのあっさりした中華そばがいただけるって算段よ!

券売機を見るとメニューはその「中華そば」の醤油と塩と味噌に、
1,000円超えとちょいと豪華な「海老塩ワンタン麺」と揃っていて、
この旅ラストのメシなので奮発して海老塩ワンタンさんいっちゃうかね!

例の出来上がりブルブルバイブマシーンと交換で丼を受け取ると、
澄んだスープには海老だのワンタンだのがプカプカしてて豪華だこと!

そのスープはごくシンプルな鶏ガラベースのダシに、
軽く海老油を浮かべてあってその香ばしさがアクセントになっていて、
徐々に具材のネギキムチの辛味が侵食していき表情が変わる演出。

ほんのりと甘いカエシの風味がなんともノスタルジーで、
シルバー世代が多いであろうこのPAでは喜ばれそうですな!

そして麺も江戸っ子好みの細めのストレート麺なのだが、
バイト君の仕事なのか若干ダマになっちゃってるのが残念至極。
俺が許しても麺茹改方の鬼の平蔵がなんて言うかな!?

ちょいと柔らかめでムッチンとした独特の歯触りをしていて、
ボリュームはかなり軽めなのでもう一軒くらいいけちゃうかもね!

DSC06605.jpg

具材はチャーシューは乗らずプリプリの海老が2尾に、
フードプロセッサーでムチムチに仕上げた海老餡を包んだワンタン、
さらに揚げたワンタンの皮やナルトなど色彩が賑やかだこと!

食べ終わる頃にはネギキムチでけっこう辛くなるので、
紙コップを独り占めして飲み水を確保しておいた方がいいぞ!
(紙コップはお一人様ひとつまででお願いいたします)

DSC06603.jpg

そしてオカンはもうさすがにラーメンは飽きたようで、
ふたつ隣の『本所さなだや』の「舞茸天もり」をチョイス。
おのおのが好きなもんを食べられるのがフードコートの魅力やね!

さすがにサイドカーは限界だったので廃品業者に引き取ってもらい、
イベント用の荷物がいっぱい積んである後部座席になんとか入り込み、
助手席のオカンとともにウツラウツラする頃には東京に帰ってきたのでした!
(だから誰が運転してるの!?)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑自動運転はまだ導入してません気分でポチッと押してくださいませ~

↓化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する、
↓天然ダシラーメン好きの貴方へ贈るTシャツ『鬼平無化調』
akts0071-3.jpg

 
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン 鷹の眼@獨協大学前〈草加松原〉

DSC06570.jpg

2018年8月31日/ラーメン 鷹の眼/獨協大学前〈草加松原〉/
ラーメン(麺少なめ)+しょうが/750円+50円


明日からは1年ぶりの仙台出張が待っているのだが、
その前にどうしてもしておかなければならないことがあるため、
仕事終わりにラーツ部タグ部員と待ち合わせて埼玉某所へ。

というのも先日緊急入院してしまったてらみん部長のお見舞いが、
どうしても今夜しかスケジュールの都合がつかなかったからです!

念願だった人造人間への改造手術を無事に終えたてらみん部長は、
どっからどう見てもビジュアルがマジンガーZのパチモン版で、
思わず俺もタグ部員も爆笑したら怒りのロケットパンチが飛んできました!
一回ごとに自分で手をはめ直すの超めんどくさそうだな!

ナースによるサビ止め(クレ556)注入のお時間ってことで、
早々においとました我々はもちろんお腹もペコペコってことで、
ちょっと寄り道して草加の『鷹の眼』で晩メシにすることにしましたよ!

DSC06569.jpg

獨協大学前駅を降りたらすぐ看板が見えるほどの駅チカで、
その獨協生らしき学生ばかりで10人ほどの行列ができる大賑わい。

特に書いていないが食券を買ってから並ぶルールのようで、
まず券売機を見るとメニューは「ラーメン」「つけめん」「まぜそば」に、
姉妹店の『千里眼』譲りの夏季限定「冷やし中華」もあり、
50円から100円のトッピングも無数にあるのが面白い。

俺もタグ部員も「ラーメン」に「しょうが」の券を買い行列に加わると、
さっきまでやんでいた雨が再びポツポツと降ってきちゃった…!

しかし店頭のベンチには雨を遮るような屋根が無いので、
タグ部員の衣服を剥ぎ取って頭から被ることでしのいでいると、
前にいる3人組と2人組の先客が横並びで一緒に食べたいようで、
店員さんから「バラバラでよければすぐにお通しできますが…」とお達しが。

どうせ頼んだものは同じだしシェアする必要もないからと快諾し、
まず上半身だけ裸のタグ部員に先に行ってもらったのだが、
てっきり離れた2席が空いたからそう聞いてきたのかと思ったら、
タグ部員が座った時点で満席になりホントにバラバラに食べることに…!

窓から見てるとすでにタグ部員が食べ始めてもまだ俺の席は開かず、
雨脚はどんどん強くなって心がみるみる荒んでいくよ…!
バラバラでもいいかって聞かれたら同時に座れると思っちゃうじゃない…!

結局タグ部員から10分近く遅れてようやく席に通されると、
厨房側と壁側に分かれたカウンターにテーブル席が1卓というレイアウト。

DSC06571.jpg

トッピングはヤサイ増し、ニンニク、アブラ、辛揚げで、
明日からの車移動でニンニク臭いのも死にそうなので辛揚げ半分のみで。
ヤサイは増さなかったので標高はそれほどでもない感じ!

スープは一瞬ラーメンとは思えないチョコレートのような色合いで、
相当ヘビーでどっしりした豚骨の旨味に溢れたド乳化タイプで、
二郎というよりは博多濃厚豚骨のアレンジ版みたいな口当たり。

しかし油分を丁寧に排除しているからかしつこさやもたれは全然なく、
しょうがの程よい香りがツンときて毒消し感もバッチリだわね!

DSC06572.jpg

麺は女子中学生に直視させてはいけないレベルのぶっとさで、
ちぢれを超えた強いうねりが付いているので啜ると暴れる暴れる!

もちろんその反動でスープが周辺に飛び散りまくるんだけど、
卓上にダスターが置いてないので拭けないのがもどかしいよ!

ガシッと硬くてホギホギとしたアゴを酷使する食感は、
こういう麺を食いたいから来たんだよ!という欲求を見事に満たしてくれて、
少なめ指定でも200グラムあるので俺には充分すぎるボリュームです!

DSC06573.jpg

バラ肉の豚さんは見た目は小ぶりだが箸で持ったらズッシリ重く、
よく見たら厚さ1.5センチオーバーという完全ギャップ系!

まぁ俺のも膨張率が平均よりも遥かに高いので、
通常時とのギャップにはみんなに驚かれますがね!(なんの話?)

ヤサイは99.5パーセントがモヤシでキャベツは破片が2切れ程度、
茹でた匂いが若干残っているので早めの天地返しがオススメ。

お店オリジナルの「辛揚げ」はいわゆるピリ辛の天カスなのだが、
軽い酸味もあるので溶けていくとちょうどいいスープの味変に。
これもまた辛さ的には俺には半分の量でちょうどいいっす!

こういうもんをバクバク食べられる健康な胃腸のありがたみを感じながら、
あやうくスープを飲み干してしまいそうになる衝動を必死にこらえ、
まだ上半身裸のまま震えて待っていたタグ部員と帰路につきました!

さぁー明日からの仙台では何杯のラーメンが食べられるかな!?
見舞いのついでに改造手術してもらった鉄製の心臓はもうドキドキだぜ!

--------------------

★2018年8月のトータル杯数/25杯
★2018年の通算杯数/164杯
★ラーメンブログ開始時からの通算杯数/現在調整中

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑なかなかの名医です気分でポチッと押してくださいませ~

↓ヤサイマシマシの山盛りラーメンに挑むすべての登山家たちへ!
↓小豚ダブルの方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?
akts-0063.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

もちもちの木 白岡店@白岡

DSC06464.jpg

2018年7月24日/もちもちの木 白岡店/白岡/
中華そば(小)+煮玉子/720円+130円


「Tシャツ・マイナーリーグ」の会場から一部商品を引き取るため、
2週間ぶりに幸手のジョイフル本田に向かう本田圭佑ことこむら代表。

しかしその前に訪れた『えるも』で食べた「スタミナホルモンそば」が、
この世の終わりレベルのニンニクがっつりスープだったため、
曲がりなりにもこれから取引先に向かう身にはこの口臭は大問題!

水でブクブクうがいをしてみたりミントタブレットを噛んだりしても、
まったく匂いが消える気配がないため最後の手段として、
ジョイフルさんへの入店から退店まで一切呼吸をしない作戦を敢行!
(何か会話が必要な場合は肩に止まらせたオウムが代弁)

なんとか匂いもバレることなく無事にTシャツの撤収を済ませ、
(顔面蒼白で白目を剥いていたので担当さんに心配はされたが)
東京に帰る前にディナーで訪れたのは白岡の『もちもちの木』です!

まだ車はおろか免許すら持っていないかった時代には、
新大久保にある新宿店をよく訪れていた身としましては、
こちら創業の地である白岡店には一度は訪れておきたかったのだよ!
これもオールドラヲタにとっては一種の「聖地巡礼」と呼べるんじゃないの!?

DSC06459.jpg

DSC06460.jpg

てっきりもっとひっそりとした立地で創業したのかと思っていたら、
四六時中ビュンビュン車が往来する国道3号線沿いにあり、
20台は停められそうな広大な駐車場を完備した、
バリバリにビジネス感溢れる大型ロードサイド店なんじゃん!

ちなみに屋号は1970年代に発行された絵本から来ていると思われ、
祖父と孫が抱き合う版画の表紙を覚えている方も多いことでしょう!
どんな話だったかはちょっと一つも思い出せないですけども!

DSC06461.jpg

まるで京都のお茶屋さんのように入口までの導線が複雑に入り組み、
重い扉を開けたその先には和と洋をミックスした幻想的な世界が。

新宿店同様に明かりは落としてあるので妙に薄暗く、
ラヲタ的には相変わらず非常に写真が撮りづらい環境ですな…!

まだ接客が初々しいコックコート姿のお嬢さんに促され、
カウンター席でピアノの音色に耳を傾けながらメニューを確認すると、
「中華そば」と「つけ麺」の小中大というシンプルな構成も新宿店と同じで、
久々だったので「中華そば」の小に煮玉子トッピングで注文。

かつてはこれ永遠に終わらないんじゃないか?って心配になるくらい、
「チャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッ…」と、
厨房から聴こえてくるエンドレス湯切り音が名物だった。

それが今では「ブィーン!」という機械音とともに、
テボごと突っ込むとバキュームで勝手に湯切りしてくれる、
最新式のマシンが導入されちゃっててロボット社会はもう目の前だな!

サーブされたらまずはもちろん美味しそうに撮影をしたいわけだが、
やはり薄暗さでデジカメはおろかiPhoneですら難儀する始末!

DSC06462.jpg

こうか!はいピントが来ない!ダメーッ!

DSC06463.jpg

それなら露出を上げてこれでどうだ!やっぱりダメーッ!

まだ時間が早くて他にお客さんもいないタイミングだったので、
最終的にはやむなくフラッシュを炊かせてもらいましたよ!
引きつけてんかんを起こさないようお子様はテレビ画面から離れてね!

さてこちらのスープといえば誰しもが経験しているであろう、
うっかり勢いよくズズッ!と飲んだら確実に命を奪われる、
恐ろしいまでの熱さが何よりの特徴なわけだが、
もちろん今回もベロをヤケドしたよ!何度学習すれば気が済むんだか!

レンゲで2億回ほど慎重にフーフーして改めて口に含むと、
鶏ガラや豚骨の動物系ダシはあくまで下支え程度で、
はっきり主張してくるのはザラリとした粉末の質感のある鰹節。

最近のラーメンはほぼ煮干しが天下統一という印象だけど、
やっぱり鰹の上品な香りも忘れちゃいけないなーと再認識させられます!

麺は「風味を活かすため柔らかめに茹でてあります」と貼ってあり、
ということは逆説的には「麺かため指定はお断り」って意味ですからね!
貴方もいい大人なんだから文面から空気を読みなさいね!

断り通りの柔らかめの茹で加減だが決してダレているわけではなく、
ムッチリした噛み心地の中に豊かな小麦の風味が広がるが、
これまたモウモウと湯気が立つほど熱々なので、
勢いよく啜りすぎて喉が焼けちゃわないように気を付けて!

具はしっとりと柔らかいバラ肉チャーシューと刻みネギ、
それに3センチほどに短くカットされた穂先メンマで、
考えてみればラーメンに穂先メンマを導入したお店の走りじゃなかろうかね?

そしてトッピングした煮玉子は今どき珍しい全熟のおでんタイプで、
ホクホクの黄身が美味だけど130円ってのはちと値が張るかなー?

まぁなんにせよ無事に聖地巡礼が済んだので大変満足です!
さしあたって白岡市内で喉のヤケドに強い医者を教えてください!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑できれば救急外来があるとこで気分でポチッと押してくださいませ~

↓「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
↓かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
↓『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
akts0081.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

本格中華そば えるも@杉戸高野台

DSC06457.jpg

2018年7月24日/本格中華そば えるも/杉戸高野台/
スタミナホルモンそば/840円


「Tシャツ・マイナーリーグ」の会場から一部商品を引き取るため、
2週間ぶりに幸手のジョイフル本田に向かう本田博太郎ことこむら代表。

まずはリアルな北京原人メイクで『花畑』に乱入し、
濃厚なサバ粉入りの塩ラーメンをやっつけたぞ!ウパーッ!
(あの映画で無駄なオッパイを出しちゃってた女優さんWho are you?)

アポの予定までまだ時間があるのでお次は杉戸町まで移動し、
昨年オープンして一周年を迎えたという『えるも』を目指します!

「エルモ」と言えばセサミストリートのあのキャラなわけで、
試しに北京原人の毛を食紅で一本一本塗り直してみたら、
なんかそれっぽく似せられたような似てないような!ウパーッ!
(ホントにあの女優さんあんな映画でオッパイ出す意味があったんだろうか)

DSC06455.jpg

最寄り駅から離れているため車推奨の県道65号線沿いにあり、
店舗横のパーキングは縦列駐車でないと停められない形状になっている。

なので駐車に自信のない人はまず奥の砂利スペースまで突っ込んで、
そこで切り返して前向きで停めるほうがスムーズだと思うよ!
ただし突き当たりは民家の敷地内みたいだから侵入しすぎには注意ね!

なーんて初心者ドライバーに優しいのかしらこむらさんは!
てめぇが免許取ったのも35歳だしな!しかもAT限定で!

以前もラーメン屋だったテナントの居抜きっぽい店内は、
定食屋のように等間隔に並んだテーブル席がメイン。

屋号のとおりエルモグッズで溢れているのはまぁ予想できたが、
テディベアのような風貌の店主さんがかなりのケツメイシファンなのか、
そこら中にツアーグッズやポスターなどが飾られていて、
埼玉のファンにとってはちょっとした聖地的存在になっているらしい。

DSC06456.jpg

しかしそんな中でここを訪れたラヲタが必ず撮影しているのが、
この「スープと同じ位嫁が大事」という店主さんからの格言ね!

液晶テレビから流れるケツメイシのPV集を眺めながらメニューを見ると、
「中華そば」「肉中華そば」「辛みそ中華そば」「スタミナホルモンそば」に加えて、
ある時だけの限定という「大阪白菜ラーメン」という構成。

さらにメニューには載ってない手書きのPOPで飾られた「塩中華そば」や、
夏らしい「ざる中華そば」など予想以上に多彩な構成だが、
俺が狙っていたのは「スタミナホルモンそば」一択!
これから始まる出展イベントラッシュに向けてパワーを注入っす!

DSC06458.jpg

店主さん自ら受け皿とともにサーブしてくださるのだが、
丼のキャパシティを超えたスープがこぼれてひたひたに溜まってる状態!
嫁と同じくらい大事なスープのはずなのに!

その嫁スープは醤油に染まった真っ黒い色合いが印象的で、
おそらくベーシックな鶏ガラベースのダシに乾物の旨味も感じさせ、
ちょいと甘口の味付けはいかにも「大阪のラーメン」を連想させる味わい。

しかしひと口飲んでから「しまった!」と後悔してしまったのは、
おそらく相当な量を投入してるであろうニンニクの匂いがガンガンに出ていて、
やむなくこのあと予定していた新垣結衣とのデートをキャンセルする羽目に!
今度チキンラーメンと十六茶おごるから許してガッキー!

そんな強烈ニンニクスープに沈む麺はかんすいの黄色みが強く、
一本一本が短い独特の形状をした中細ストレートタイプ。

若干ダマになっているのは残念だがよーくほぐしてからいただくと、
あえて硬めに茹で上げているのが伝わるコリコリした食感で、
ゆっくり食べても最後までそのコシを失わない体幹ができてる仕様です!

そして「スタミナホルモン」だけあって具にはモツ煮込みが豪快に乗っていて、
内臓独特の臭みもなくプルプルとした皮の食感を楽しめるもの。

先人のレビューによると以前はコンニャクも入っていたようだが、
さすがにラーメンには合わないからかニンジンとネギのみになっていて、
確かにこのくらいのほうがスープとの親和性は上がるわね!

甘口ニンニクスープにモツ煮込みとなればやはり白飯を欲するわけだが、
なんとこちらはライスだけでなく生卵まで無料という大サービスで、
この季節に卵が常温保存なのはちょっと気になるけど、
好きな量だけよそえるセルフコーナーから軽めに拝借しまーす!

ここで凡百な諸兄なら安直にTKGにしてしまうところを、
あえて生卵はラーメンに落として「月見スタミナホルモンそば」に格上げ!
こういう機転の利き方にガッキーが惚れてくれるわけよ!

そりゃ甘じょっぱいスープにモツ煮込みだもの卵が合わないわけがなく、
潰した黄身の混じったスープとともにライスを頬張ればほーら天国だよー!

まぁみんな真剣に信じちゃってるだろうから正直に話せば、
ガッキーとのデートというのは実は大ウソなんだけど、
とはいえこれから仕事で取引先に向かう身としては、
この強烈にニンニク臭ぇ息はちとまずいレベルですわ…!

リアルに「スタミナ」というキーワードに仕事で疲れてる労働者諸君が、
ランチでうっかり頼んじゃってたじろぐ人もいると思うので、
メニュー表のどこかに「【注意】ニンニク効いてます」とか、
一筆添えておくとさらにユーザーフレンドリーなんじゃないかね?

ほーらどこまで優しいアドバイスを送り続けるんでしょこむらさん!
誰か評価して!褒めて!ガッキーとのデートをブッキングしてー!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑嫁に謝れ気分でポチッと押してくださいませ~

↓ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
↓炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
↓『ラーメンライス軍』ただいま隊員募集中!
akts0095.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 花畑@幸手

DSC06454.jpg

2018年7月24日/麺屋 花畑/幸手/
濃厚系 サバ粉入り 塩ラーメン/750円


ジョイフル本田で開催されている「Tシャツ・マイナーリーグ」から、
急きょ次のイベントへ回す分のTシャツを引き取りに行くために、
わたくしたったの2週間ぶりで再び埼玉幸手にやってまいりました!
自分でも忙しいのかヒマなのか良く分かりません!

もちろん前回は『とみ田』『パリ橋』を巡ったのと同様に、
今回もついでに幸手周辺のラーメンをやっつけ倒す所存ですので、
番組の最後までごゆっくりお付き合いくださいませ!

まずは少し前のラーツ部で俺が推し麺に指名したにも関わらず、
その日がたまたま北足立郡の豚骨ラーメンの老舗『楓神』が、
改装前のラスト営業日だったため急きょそちらに予定変更になり、
結局そのまま行けずじまいになっていた『花畑』を目指します!

えっ?頭の中がお花畑なお前にピッタリなお店だなって?
失礼な!俺だって九九の計算くらいできるっつーの!7の段を除いて!
(頭皮から無数に咲いたパンジーやクロッカスがゆらゆら)

DSC06453.jpg

圏央道の幸手ICを下りたら2-3分で着くエリアにあり、
広々とした駐車場は隣の「小僧寿し」との共用らしいのだが、
訪れた水曜日はちょうどそちらは定休日らしく実質使いたい放題。

広めのテーブル席にお座敷まで完備した店内は、
カウンターの片隅に蘭の花が飾られた喫茶店のような雰囲気だが、
たまたまなのか客層はニッカポッカを履いたガテン系の兄さん方ばかり。

奥まった厨房はご夫婦らしき二人の男女で仕切っているのだが、
ランチの注文ラッシュを捌くのにてんてこ舞いの様子で、
サーブにもやや時間がかかるので余裕を持っての来店か、
ランチタイムをちょっと外して行ったほうがオススメかと。

ノレンにも「塩」と染められている通りメニュートップは「塩ラーメン」で、
次いで「醤油ラーメン」「味噌ラーメン」「つけ麺」などが並ぶが、
お目当ては「サバ粉入り」と書かれた「濃厚系塩ラーメン」じゃーい!

通常のスープは清湯らしいがこちらは見るからに濃厚な白湯で、
その味わいからして鶏だけでなく豚も使ってそうな動物系メインで、
コラーゲンによるとろみを感じるどっしりとした飲み口。

しかし油っこくないので少々荒れ気味の胃袋でもすんなり収まり、
サバ粉による軽やかな魚介風味や炒りゴマの香ばしさ、
そして何より塩ダレなので後味がさっぱりしていてこれ美味しい!
分かりやすい醤油味にあえてしなかった店主さんのセンスを感じるね!

麺は店内の下げ札によると常総の「平塚製麺所」の特製だそうで、
メニューによって細麺と太麺と使い分けていてこちらは太麺。

といっても中太くらいの太さの丸っこいストレートタイプで、
加水率はやや高めでプリプリとしたフレッシュな食感で、
普通盛りでも150グラムとなかなかのボリューム。

チャーシューはどピンクの低温調理カリビアン系が1枚かと思ったら、
その下に煮豚タイプのバラ肉もかくれんぼしていて、
それぞれシャクシャク系とホロホロ系とキャラが全く違うのが楽しい。

さらに超ロングサイズの穂先メンマが2本に海苔が1枚、
そして刻みタマネギはもうすっかり濃厚ラーメンの定番になったね。

清湯系の「醤油ラーメン」や普通の「塩ラーメン」も気になるし、
またいつかラーツ部での再訪も大いにアリですな!

でもそれまでに7の段の掛け算くらいできるようにならなきゃ!
えーとしちいちがしちにじゅうししちさんはなかいきいち…!
(このあとドリフのばか兄弟コントのような展開に)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あんちゃん頭いいな!気分でポチッと押してくださいませ~

↓箸もレンゲもおっ立つような濃厚スープを愛する方に!
↓『DONOUKOU(ド濃厚)』汁はねが目立たないカラーリングにも注目!


  

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干ラーメンとローストビーフ パリ橋@幸手

DSC06371.jpg

2018年7月4日/煮干ラーメンとローストビーフ パリ橋/幸手/
煮干ラーメン(青)+ローストビーフ(単品)/600円+300円


Tシャツイベント開催中のジョイフル本田さんに直接納品するという、
重要なミッションこと芳本ミッチョンを敢行するべく、
本日は埼玉県は幸手市にお邪魔しております!

その前に久喜市の東鷲宮にある『とみ田』でランチを済ませ、
午後イチで到着したジョイホンのイベント担当者の方にご挨拶すると、
「レイアウトとか自由にいじっちゃってください!」と心強いお言葉が!

もちろん自分とこのTシャツを一番目立つ位置に陳列し直し、
ついでに叶姉妹が浴びるのと同じ量のピンスポットをセットして、
ゴージャスさをアピールする演出を施しておきました!
んなもんわざわざ直納しにきたもんの特権だっつーの!(すぐ撤去)

これでミッションこと芳本ミッチョンは終了したので夕方まで時間を潰し、
せっかくの埼玉で1軒で帰ってしまうのは非常にもったいないので、
幸手市内の宿題店の中から今夜は『パリ橋』で晩飯としゃれ込みましょう!

DSC06370.jpg

DSC06373.jpg

長屋状の飲み屋テナントのど真ん中に位置していて、
運良く店の目の前に1台だけ停められる駐車スペースもゲット!

屋号からてっきりパリピがウェイウェイやってるチャラい店かと思ったら、
古い居酒屋『絆』をそのまま居抜きで使っている店内はかなり雑多。

特にスダレで覆った小上がりのバックヤードは壮絶な状態で、
チラッと見えるだけでも私物やら調味料やらコンビニ袋が散乱していて、
まるでズボラな浪人生の下宿部屋のよう…飲食店なのにいいの…!?

朴訥とした雰囲気ながらもメガネの奥の目付きの鋭さに、
例えるならば向井秀徳的なキレ者のオーラを放つ店主さんが、
米津玄師やフジファブリックなどの邦楽をガンガンかけながら調理に集中。
最近では稀な排他的な空気感にビンビンに痺れるわ!

メニューは「煮干ラーメン」のみだが(青)と(白)という謎のバリエーションと、
さらに「辛味ごままぜそば」とか夏季限定の「油そば」なんかも揃う。

もうひとつの看板である「ローストビーフ丼」はサイズも豊富で、
ならば「煮干ラーメン(青)」にフービーの小で決まりでしょ!

しかし炊飯ジャーを開けた店主さんが「あっ…」とつぶやくと、
「すいません…ごはんなくなっちゃったんで単品でもいいスか?」と無念のひと言。
今日はもういいことと悪いことの乱高下が激しすぎ!吐きそう!

やむなくローストビーフは単品に変更してもらい、
まず先にドン!とサーブされた「煮干ラーメン(青)」は、
おそらく今までお金を払って食べたラーメンで最も荒い盛り付け。
休みの日に自分でテキトーに作ったインスタントラーメンみてぇ!

ただこれがインスタントどころかすげぇ旨いんだから困っちゃう!

スープは全国各地から取り寄せた煮干のダシ100パーセントだそうで、
動物系の旨味はおそらく香味油に使うラード?だけと思われ、
やり過ぎない程度の心地よい苦味の効かせ方がもろストライク!

あとで調べたら(青)の方は煮干の香りを重視したバランスらしく、
いわゆるド濃厚煮干系があんまり得意ではないのでこれは好きだわー!

麺も定番の低加水パキパキストレートを合わせるのではなく、
いわゆる昔ながらの中華めんライクな中細ちぢれにするあたりも、
お店の独自性を出そうという気概が感じられるじゃないの!

何のてらいもないプリプリとした食感のものだが、
なかなかどうしてこういう煮干全開のスープでもしっかり調和していて、
それなりにボリュームもありそうで食事としての満足度も高いっす!

具材は薄切りのローストポークとネギのみという簡素さで、
確か他の人のレポだとカイワレが乗ってたはずなんだけどなぁ…!

ただこのローストポークが低温調理で非常にしっとりしていて、
肉と脂の旨味が逃げずに凝縮していてメチャうまなのよ!
ということはこりゃフービーのほうも間違いないんじゃね…!?

DSC06372.jpg

はーい!予想通りこちらもメチャうまでーす!

脂身がほとんど無い部位だからランプ肉とかかな?の薄切りで、
たまにある噛みきれないような駄肉とは一線を画す柔らかさで、
赤身の旨味を引き立てる赤ワインベースのガリバタソースがまた最高!

つくづく白飯で食べられなかったことを残念に思うばかり!
なんならコンビニかほっともっとまでひとっ走りしてきましたのに!

さすが店内の装飾などの備品にお金をかけない分、
ラーメンに原価をつぎ込むと公言してるだけあるハイレベルな味でした!

ちなみにウチのTシャツも相当原価はかかってますからね!
何しろ叶姉妹が浴びるのと同じ量のピンスポ当ててますから!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑税理士にいつも怒られてます気分でポチッと押してくださいませ~

↓ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
↓炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
↓『ラーメンライス軍』ただいま隊員募集中!
akts0095.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 笹井@仏子

DSC06055_20180625123542c50.jpg

2018年4月29日/中華そば 笹井/仏子/
極み笹井そば 並盛(しっかり・中太麺)/800円


埼玉を縦横無尽に駆け回っている本日のラーツ部は、
まず昼に秩父『珍達そば』からの入間『Miya De La Soul』と繋ぎ、
夜の所沢『カッパハウス』から某ラーメン店主が合流。

その店主は諸事情により今回顔を明かせないため、
ずっとアメリカ大統領のゴムお面マスクを装着しているのだが、
本物と間違えた埼玉県民がお菓子や缶ジュースをくれてこちとら大儲け!
ご褒美としてラストのお店1軒を決めさせてあげることに!

すると普段は煮干しラーメンを扱うエキスパートらしく、
入曽の『いりにぼ』を指名するという勉強熱心さをアピール!

俺も他の部員たちもずっと気になっていたお店だったので、
ナイスなチョイスにゴムお面をナデナデして褒めてあげました!
えっ?他の部分も撫でろ?それは自分でやれや!

DSC06051_20180625123527599.jpg

DSC06052_2018062512352862e.jpg

いれないにぼーーーっ!!!

厨房では店主さんらしき方が後片付けをしていたので、
スープ切れで早仕舞いって感じですかね…?

態度は一転してなんでこんな店を選んだんだ!と、
某店主をゴムお面を鷲掴みにして入間市中引き回しの刑に処し、
やむを得ずおのおのの宿題店を再びピックアップ。

すると俺以外が『笹井』という同じ入間にあるお店を狙っていたので、
多数決によりそちらででリカバリすることに決定!
まったくノーマークですいません!100年後に死んでお詫びします!

DSC06053_201806251235397bd.jpg

ところがこの『笹井』が見た目は平屋建ての簡素なプレハブで、
簡易トイレが外に設置されている怪しさ満点の外観。

すぐ横には暗闇の中を入間川が唸るような音を立てて流れており、
周辺に飲食店も無いし知らなければスルーしちゃうよね…!

店内も厨房に向いた狭いカウンター席だけで、
こりゃ大グセ偏屈オヤジが一人でやってるような店かと思ったら、
にこやかな若い店主さんが現れて「奥の席へどうぞ!」と誘導される。

するとなんとプレハブの左側には増築した部分があり、
ファミレスのような広々としたボックス席が並んでいて、
さらにその奥には充分すぎる広さの製麺室まで完備していてビックリ!
まさに入間の狐につままれた気分ざます!コーン!

券売機を見るとメニューは移動中にチェックしてたものから大幅に減り、
「極み笹井そば」「極み笹井つけそば初代」のみのシンプル構成。

しかし明るくチャキチャキした女性の店員さんによると、
「極み笹井そば」は油の違いによるあっさり、中間、しっかりから選べ、
さらに麺も細、中太、極太、平打ちの4種類もあるという悩ましさ!

DSC06054_20180625123540adc.jpg

全員ストレスで一気に禿げ上がるほど悩み抜いた結果、
俺は「極み笹井そば」をしっかりの中太麺でいただいてみます!

薬味などの具材が別皿に盛られた形でサーブされると、
スープから芳醇な魚介の香りが立ってきて多幸感がすごい!
この匂いのアロマディフューザーが無印で売ってたら俺は買うね!

DSC06056_20180625123543da2.jpg

そのスープは能書きによるとどうやら動物系は不使用で、
鹿児島産の高級本枯れ鰹節と野菜を炊いたダシなんだそうで、
「しっかり」の場合はそこに豚のラードを浮かべている。

深みのあるカエシのまろやかさを下地に鰹が華やかに広がり、
そのままだとほぼほぼ日本蕎麦のツユのような味わいだが、
まったりしたラードの風味がちゃんとラーメンサイドに落としてますな!

途中で柚子胡椒を入れるとその風味でキリリと引き締まり、
上品ながらも力強い味わいにレンゲが止まりません!

いっぽう自家製の中太麺はかなり強いちぢれがあり、
啜るとブリンブリンとスープを跳ね散らかすので気を付けろ!

田舎蕎麦ライクなゴワゴワとした噛みごたえと、
小麦の風味をしっかり感じられる美味しい麺なのだが、
アゴが疲れるほどの硬さはいくらなんでもトゥーマッチなので、
できればもうちょい茹でてもらえると嬉しいかな…?

DSC06057_20180625123545119.jpg

そして薄切りの「極上桃色焼豚」は丼にすでに1枚と、
別皿に3枚の計4枚とデフォルトでも大盤振る舞いで、
スープで軽くしゃぶしゃぶしてから食べるのを推奨している。

これがまた群馬県産の国産豚を贅沢に使ってるそうで、
スープの熱で肉と脂がトロッととろけて美味しいのなんのって!
高級な豚しゃぶ屋で出てきても遜色ないレベルだわこれ!

DSC06058_201806251235464de.jpg

DSC06059_201806251235483e6.jpg

某店主とshigeruuu部員は「中間・細麺」と「あっさり・平打ち麺」を。
写真だとどれがどっちだかさっぱり分からんな!

「あっさり」と「中間」はラードではなく鶏油に変わるそうで、
なるほどダシの風味が重視されたまさに「あっさり」なテイストに。

細麺は中太麺と同じゴワゴワした低加水のタイプで、
この太さならこれくらい硬めでもまぁ許容範囲かな?って印象で、
対して平打ち麺は多加水でプルプルピラピラ!
中華麺というよりパスタにこんな種類のやつありそう!

DSC06060_2018062512354914e.jpg

その平打ち麺を「極み笹井つけそば」でいただいたのはタグ部員で、
つけは大盛りまで無料サービスだが日和って並盛で。

かなり薄い麺なので水で締めることでさらにピラピラ感が増し、
カエシを強めに効かせたつけ汁にくぐらせるとさっぱりと食べられるね!

ただつけそばだとスープが熱く無いので豚をしゃぶしゃぶできず、
悲しさのあまりタグ部員はセルフでしゃぶしゃぶしていました…!
腰を痛めやすいからくれぐれも気を付けて…!

DSC06061_2018062512355165a.jpg

そしててらみん部長は限定メニューの「冷やしまぜそば」を。
こちらも日和って並盛でオーダ!みんな少食だな!

タレ自体も非常にあっさりとしていて麺を主軸にした構成で、
たっぷりの生野菜とともにサラダ感覚で食べられる夏向きの一杯。

相変わらずの早食いであっという間に食べ終え、
「足りない…足りない…」と念仏のようにつぶやくてらみん部長は、
こないだの『麺のマルタイ』での失敗をまったく活かせていない様子。
自分の胃袋のキャパシティを把握できないとは何事か!

それにしても入間の片田舎にこんな個性派のお店があるとは、
日本にはまだまだ知らないラーメンがごまんとあるってことだな!
つくづくラーメンの奥深さを実感して本日の部活動は終了!

ちなみに某店主は入間市内を引きずり回された際に、
熱で溶けたゴムお面が皮膚に貼り付いて取れなくなってしまったので、
明日からは大統領のままで営業するそうですのでお気を付けて!
勘違いしてお菓子とかジュースとかあげないように!

--------------------

★2018年4月のトータル杯数/16杯
★2018年の通算杯数/75杯
★ラーメンブログ開始時からの通算杯数/現在調整中

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑日本人初の大統領気分でポチッと押してくださいませ~

↓お前の髪はニセモノだ!
↓周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
↓『カツラハンター』着用はくれぐれも自己責任で!
akts0077.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

old school 中華そば Miya De La Soul@入間市宮寺

DSC06041_2018062512351288f.jpg

2018年4月29日/old school 中華そば Miya De La Soul/入間市宮寺/
中華ソバ+味玉/700円+100円


そしてーかーがやーくラーツ部ソウール!ハーイ!!!
(際どいラインまで切った超マイクロホットパンツ姿で)

今月のラーツ部はshigeruuu部員が推し麺に指名した、
秩父の大人気店『珍達そば』からまず幕開けし、
今が見頃の芝桜を鑑賞するヒマもなく小一時間で秩父を後に。

代わりに自分たちに生えているモジャモジャの芝桜を眺めながら、
国道299号線を南下して入間の『Miya De La Soul』にやって来ました!

さてここで今回の部活動が出足からつまづいた経緯を説明しておくと、
本来今回の埼玉遠征のメインは飯能の『と多"食堂』だった。

しかし俺が前夜に何気なくツイッターを眺めていると、
その『と多"食堂』の店主さんが仕事中に手を負傷してしまい、
治療のためGW期間中は全てお休みという衝撃のツイートを発見!

急きょ食べ歩きの工程がイチから崩れてしまったため、
ルーティングなども全て変更して再検討した結果、
こちらがリカバリのお店として選ばれたってわけです!

DSC06039_20180625123509bcd.jpg

DSC06038_20180625123507251.jpg

周辺は工場や倉庫などが建ち並ぶ閑静なエリアで、
旧店舗の名残りなのか緑色の大きな日よけには、
「和風居酒屋 歩」の筆文字がそのまんま残されている。

食券を買ってから並ぶシステムらしいのでまずドアを開けると、
ちょうど先客が出たタイミングだったので座敷席が空いており、
すぐ入れると思ったらアンニュイな女性の店員さんがやって来て、
「準備しますので外でお待ちくださーい」とのこと。

しかしここから続々と先客が出てくるにも関わらず、
ロットの都合なのかいっこうに中から呼ばれる気配がなく、
後ろにも続々と待ちが発生してしまう状態に…!

不穏な空気に「ざわ…ざわ…」と口に出して不安をアピールする我々…!
ひょっとしてこのまま永久にここで待つことになる…のか…?

もちろん永久ではなく10分ほどで座敷席に通されたのだが、
壁も天井もペンキで真っ黒に塗られた独特の内装や、
ルート66やコカコーラなどのアメリカンテイスト溢れる看板、
果てはシボレーのバンパーまで飾られた秘密基地的な雰囲気。

さらに「OLD SCHOOL 中華そば」なんてネーミングからして、
かなり『地雷源』グループを意識しているのはお見通しじゃい!

メニューも「醤油の旨味ソバ」ならぬ「中華ソバ」を筆頭に、
「背脂中華ソバ」「つけソバ」「油ソバ」などバリエーション豊富だが、
ここは定番の味を確かめたいので「中華ソバ」を味玉付きでカモン!

双喜紋の丼になみなみ注がれたスープは液体油が多めで、
豚骨を下支えにして煮干しダシをブレンドしたオーソドックスな構成。

しかし腰回りがどっしりした安定感のある動物系を活かしつつ、
煮干しや節の魚介フレーバーがほとばしる味わいは、
味作りのお手本にしたという中野の『さいころ』に近いテイスト。
個人的には凶暴系よりこういうオールドスタイルのほうが断然好みっす!

そして見た目にもふっくらとグラマラスな太ストレート麺は、
なんと青梅の「五ノ神製麺所」から取り寄せているそうな!

シルキーで滑らかな舌触りなので啜り心地もよく、
弾力のあるツルモチ食感はスープのインパクトにも負けてない。
デフォルトでも180グラムあるらしいのでお腹もいっぱいです!

チャーシューはバラ肉の煮豚を薄切りにしたもので、
しっとりした肉身の中にたっぷりの肉汁を閉じ込めてある。

さらにメンマにナルトにほうれん草と具材も定番中の定番で、
トッピングした味玉は黄身が絶妙なトロトロ具合ではい正解!

DSC06040_20180625123510ad1.jpg

こちらはshigeruuu部員オーダの「背脂中華ソバ」で、
スープは同じはずなのにまったく表情が変わるのに驚き!

細かく煮崩れた背脂は甘みやこってり感だけではなく、
なんとなくローストしたような香ばしさもプラスされているように感じ、
てんこ盛りの刻みタマネギが間違いなくマッチしております!

DSC06043_20180625123515c7b.jpg

てらみん部長は『丸長』インスパイアとの情報を聞き「つけソバ」を。
つけ汁に浮かぶ細切りにしたナルトがまさにそれな!

麺は水で締めたことによりさらにモチモチ感が強化され、
それを受け止めるつけ汁は煮干しの旨味と醤油の香りを強く立たせ、
酸味とピリ辛風味を合わせた食欲が加速する味わい!

これは暑い夏にでもさっぱりと食べたいテイストだわね!
できれば貞操がゆるそうな水着ギャル100人と!

DSC06042.jpg

そして初訪でも定番ではないメニューに果敢にチャレンジして、
意外な原石を見つけるスペックを持ち合わせるタグ部員は、
ここでもあえての「油ソバ」を「専用出汁スープ」付きでチョイス!

これがいわゆる武蔵野系油そばのブラッシュアップ版で、
まったりとした植物性の油と醤油のキレ味で、
グイグイと太麺を食べさせるタフガイなあんちくしょう!

「油ソバ専用出汁スープ」はそのまま箸休めに飲みつつ、
終盤には一気に丼に注いでラーメンにするという荒技を披露!

今回もさすがのナイスチョイスですタグさん!
ご褒美に水着ギャルとのつけソバパーリーに参加して良し!

かなり不便な立地ながら来客が止まらない人気で、
そりゃこの味が待ってるならどこへでも行くってもんです!

そしてーかーがやーくミヤデラソウール!ハーイ!!!
(いくらなんでも切りすぎたホットパンツから芝桜が丸見え)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑今が見頃です気分でポチッと押してくださいませ~

↓(うさぎが)100羽乗っても大丈夫!物置のように頑丈なワニザメさんが頼もしい!
↓古事記の有名な物語がモチーフのTシャツです!
↓漫画家・野広実由先生デザイン『イナバのしろうさぎ』
akts0104.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

↑丼にチャッチャと振りかけられたあの禁断の甘い背脂ラーメンがやめられない貴方へ!『背脂こってり』

↑超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで、豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0102.jpg ↑箸もレンゲもおっ立っちゃうほどドロドロ濃厚なラーメンを愛する方へ!汁はねが目立たないカラーリングも注目!『DONOUKOU(ド濃厚)』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

akts0104.jpg ↑(うさぎが)100羽乗っても大丈夫!物置のように丈夫なサメさんが頼もしい!漫画家・野広実由先生デザイン『イナバのしろうさぎ』

akts0103.jpg ↑こんなサプライズなら猫好きにとっては大歓迎!漫画家みずしな孝之先生デザイン『フラッシュモブ』

akts0101.jpg ↑できることなら24時間365日ムニャムニャしていたい温かいお布団大好きクラスタの方へ!『お布団ラヴァーズ』

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

 

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (13)
宮城県 (11)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (177)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (80)
東京都(港区) (66)
東京都(新宿区) (143)
東京都(文京区) (52)
東京都(台東区) (125)
東京都(墨田区) (109)
東京都(江東区) (224)
東京都(品川区) (53)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (32)
東京都(世田谷区) (64)
東京都(渋谷区) (83)
東京都(中野区) (42)
東京都(杉並区) (68)
東京都(豊島区) (77)
東京都(北区) (31)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (28)
東京都(練馬区) (31)
東京都(足立区) (52)
東京都(葛飾区) (100)
東京都(江戸川区) (64)
東京都(八王子市) (12)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (8)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (5)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (9)
千葉県(千葉市) (33)
千葉県(市川市) (42)
千葉県(船橋市) (44)
千葉県(館山市) (3)
千葉県(木更津市) (3)
千葉県(松戸市) (24)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (12)
千葉県(柏市) (10)
千葉県(市原市) (3)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (6)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (19)
神奈川県(横浜市) (56)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (15)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (12)
埼玉県(川越市) (11)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (17)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (5)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (4)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(志木市) (3)
埼玉県(久喜市) (5)
埼玉県(富士見市) (4)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (31)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (15)
茨城県(その他) (18)
栃木県(宇都宮市) (16)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (12)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (7)
群馬県(前橋市) (5)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市北区) (3)
愛知県(名古屋市中村区) (8)
愛知県(名古屋市中区) (16)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する