FC2ブログ

からみそラーメン ふくろう@上飯田

DSC06318_20190204162534bdd.jpg

2018年7月2日/からみそラーメン ふくろう/上飯田/
からみそラーメン/830円


今年の名古屋出張もいよいよ最終日ということで、
夜に東京に帰る前に恒例のラーメン食べ歩きを敢行中。

まずは老舗の『陽龍』で懐かしのラーメンをいただき、
お次は同じ北区にある名古屋屈指の行列店『ふくろう』へ。
あの山形『龍上海』直伝という「からみそラーメン」が名物だとか!

昼間の時点で35℃に迫る勢いのこの炎天下の日に、
辛味噌のラーメンなんか食べちゃって死んだりしませんかね俺!?

善後策としてあらかじめアルプス商事に電話を入れて、
トラック一台分の冷たいおしぼりを持ってきてもらいました!
配送係のお兄さんが不思議そうにしてるけど説明しなくていいよね!

DSC06316_2019020416253255e.jpg

まずは店舗の裏にある「ふくろう」と表示された駐車場をキープし、
イソイソ店に向かうと前5人待ちという予想以上の盛況で、
日傘のサービスがありがた過ぎてオイオイ泣いちゃう!

あらゆる穴からダラダラ液体を噴射しながら待つこと20分、
ようやくホール担当のマダムに促されて着席…と思ったら、
店内にも待ち用のベンチがあってさらに耐えることに…!

しかしこの時点でまず券売機タイムなのでメニューを見ると、
もちろん修行先を踏襲した「からみそラーメン」がアンセムで、
さらに「しょうゆラーメン」「からみそまぜそば」と続く。
準備万端なので迷いなく「からみそラーメン」をチョイスしますぜ!

カウンター僅か9席の店内には屋号にちなんだふくろうグッズが並び、
渋い佇まいの店主さんが黙々と調理にいそしんでいるが、
いったい一杯が完成するまでにいくつ行程があるの!?と驚くばかり!

まずアイスディッシャーで丼に入れた味噌ダレと数種の油やタレを、
いったん泡立て器でカシャカシャやって全体をなじませてから、
さらに調味料などを加えてようやくスープを注ぎさらにカシャカシャ。

麺を入れてからもあれを乗せこれをかけそれを垂らし…と、
そりゃ回転率上がらないわ!と唖然とするほどの手間をかけ、
並び始めからトータル50分でようやく「からみそラーメン」とご対面!

スープは以前ラーツ部合宿で訪れた『龍上海』赤湯本店で食べた時は、
「豚骨+煮干+味噌」の割とシンプルな構成という印象だったが、
こちらはさらに現代風にアレンジを加えたハイブリッド版の様相。

煮干は奥に引っ込み豚骨とのバランスを重視したようなダシ感で、
そこに甘みが強めでコクと深みが素晴らしい味噌ダレが調和していて、
これってやっぱ愛知だけに八丁味噌とかも使ってるのかね?

さらに磯の風味が豊かな青海苔や香ばしい擦りゴマなど、
仕上げにかけた具材の風味がフレッシュに立ち昇ってきたりと、
一杯の丼の中に様々なアトラクションが用意されております!
さながら「食べるナガシマスパーランド」とでも呼びましょうか!

そんな重厚なスープの中に沈んでいる麺は極太で、
強烈なちぢれが付いていて箸でたぐるとブリンブリンうねるので、
白い服の人(パナウェーブ研究所員とか)は必ず紙エプロンを貰いましょう!

見た目のとおりのモチモチとした強めの弾力を携えており、
スープの拾いもいいので飽きずにサクサクと食べ進められるが、
ボリュームが結構あるので連食予定の人はそのつもりで臨みたまえ!

チャーシューも地元愛知の「三河もち豚」を贅沢に使っているそうで、
分厚いのに箸で掴めないほどトロトロに柔らかく、
上品な脂身の甘みがサービスのライスをバクバク捗らせます!

さらにメンマとナルトという『龍上海』と同じ具材を紹介しましたら、
お待たせしました!主役のからみそ先生の登場です!

このからみその量を1から6まで選べるのもお店オリジナルで、
基本の2だと巨峰ひと粒くらいの大きさのものがコロンと乗ってきて、
ニンニクの効いたスカッとした辛さが味噌スープにナイスマッチ!

スープに溶かすのはもちろん麺にちょい付けして食べたり、
そのままライスに乗っけて食べたりと色々楽しんでいるうちに、
冷房でようやく引いた全身の穴から汗が再びダラダラ…!

食後はすぐに店を出ておしぼりを全部使って身体を拭いてサッパリ!
結構な出費でクリマの売上すっ飛んだけど後悔はしていない!

DSC06319.jpg

DSC06321.jpg

DSC06328.jpg

食後はクールダウンを兼ねてナゴヤドームに来てみたが、
試合開催日ではないのでなんだか閑散としていて、
バックネット側以外は大した装飾もなく無機質にすら感じる造り。

ガラガラだけど開いているグッズショップも冷やかしてみたが、
アルモンテの月間MVP受賞記念Tシャツが大量に売れ残ってたり、
(恥ずかしくなるくらいダサいデザインだからしょうがない)
アルモンテと全く同じ俺のヒゲもシナシナになるのでした…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑松坂におんぶにだっこ気分でポチッと押してくださいませ~

↓超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで!
↓豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』


 
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン専門店 陽龍@黒川

DSC06314_2019020416253155c.jpg

2018年7月2日/ラーメン専門店 陽龍/黒川/
ラーメン/670円


味噌煮込みうどんがひたひたに張られたナイトプールで、
ビキニのパリピ女子たちとウェイウェイしまくるという、
チャラ過ぎる夢にうなされてガバッと目覚めた名古屋出張最終日。

まずは朝風呂ってことで大浴場で身体中の味噌をさっぱりと洗い流し(正夢?)、
チェックアウトの時間ギリギリまで部屋でペイチャンを凝視、
11時きっかりにようやくホテルを後にしてラストラーメン巡りに出発です!

しかしさすがにもう名古屋出張も7年連続の恒例行事ってことで、
そろそろ気になるラーメン店の手駒も少なくなってきているのは事実。

そこで今年からムック誌に載るような有名店ばかりではなく、
町の片隅で静かに営業している渋いお店にも目を向けることにしましたよ!

ということで1軒目に選んだのは黒川にある『陽龍』で、
こちらはなんと東京のオールドラヲタにはきっと懐かしい名前であろう、
かつて三鷹にあった『陽々』の関連店だというではありませんか!

まだブログを始める前に『江ぐち』とセットで行った記憶があるわ!
あぁ…あまりの懐かしさに思わず目から透明な汁が…!

DSC06312.jpg

DSC06313.jpg

名古屋高速1号楠線が南北に伸びる国道41号線から、
一本脇道に入った場所で店横と向かいに5台分の駐車場を完備。

しかし噂には聞いていたがその駐車場の争奪戦がすさまじく、
開店10分前の時点ですでに空きがラスト1台だったので慌ててキープ、
その後もハザード点灯で空くのを待つ車が続々とやって来る。

もちろん足立ナンバーなど他におらず全て名古屋ナンバーの地元民で、
定刻より5分巻いてオープンする頃には5組ほど並んでいて、
昼時になると続々と老いも若きもラーメンを求めて押し寄せてくる。
老舗が元気なのを見るとなんか勇気が湧いてきますな!

逆L字型のカウンターだけの店内は薄暗く渋すぎる佇まいで、
うっすーく音声が流れるテレビをBGMにホール担当のお母さんとお姉さん、
それにブルーのTシャツにユニクロのジーンズという、
ラーメン店主らしからぬラフな恰好の親父さんで切り盛り。

メニューは「ラーメン」「特製ラーメン」「肉なしラーメン」と、
チャーシューの有無だけのスタイルはルーツである『第一旭』譲り。

おしんこが付いてくるライスとともに楽しんでいる客が多いが、
ここは素直に「ラーメン」でいくのがいちげんの嗜みってもんよ!

オヤジさんの一切ムダのない流れるような調理のすえ、
「はいっ!」(出来たよ!)という合い言葉により、
お姉さんから速やかにサーブされた念願の「ラーメン」は、
スープ一面を細かく泡状になった油が覆っていていかにもうまそげ!

そのスープは豚ガラを濁らさずにゆっくりと炊いた清湯で、
骨よりもチャーシューの煮汁っぽい肉からのダシ感がリードしているが、
変なクセもなく非常にあっさりすっきりとした飲み口。

まだ慣れてないうちは「ん?薄いかな?」と思っちゃうけど、
徐々に舌のピントが合ってくるとじんわりした旨味を楽しめるようになり、
これは確かに毎日でも飲める飽きの来ない味ですわ!
旨味が過多すぎて食べてて疲れちゃうラーメンってあるもんな!

麺は大釜で泳がせて平ザルで一気に湯切りしている、
神戸から西あたりの西日本エリアで良く見かける中太ストレート。

あまりかんすいの存在を感じさせない美白の持ち主で、
ポクポクとした粉の質感を残した素朴な食感は、
同じく西日本でおなじみのブラックマッペもやしと混ぜて食べるといいね!

そしてチャーシューは脂身のないとこが「ラーメン」でも5枚、
四角く成形したような見た目は『陽々』にそっくり!

薄切りながらザクザクと肉の繊維を残した歯ごたえで、
肉の旨味が濃いのでこれでライスを楽しむ人が多いのも納得!

卓上には定番の胡椒はもちろん粗挽きの唐辛子が置いてあり、
ちょいと興味があったので中盤に振りかけてみると、
ピリピリとした辛さが豚スープをさらに引き立ててくれてこれいいね!
辛党じゃないけどスプーン2-3杯くらいいっちゃっても全然オッケー!

隣の席のおじさんは「どうしようか悩んどるわー」と言いつつ、
やっぱり途中でライスを追加しておばちゃんに笑われていたりと、
常連さんに長らく愛されている和気藹々とした雰囲気を、
いちげんとはいえ束の間だけでも堪能させていただきやした!

さて車に乗り込んで次のお店へ…と駐車場へ向かうと、
俺の車の横の僅かなスペースに1台ムリヤリ停まっていて、
目の前にある電柱もジャマで完全に身動きが取れない状態…!

写真 2019-02-16 18 25 53

まぁちょっとその様子を図にしてみたから見てちょうだい!
普通こんなところにねじ込んで停めていくかね!

幸い左横の車がすぐに出てくれたので抜け出せたが、
このまま一生をこの駐車場で過ごすのかと思って、
怖くて目から透明な汁をワンワン流しちゃったよ!まったくもう!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑交通ルールは守りましょう気分でポチッと押してくださいませ~

↓化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する、
↓天然ダシラーメン好きの貴方へ贈るTシャツ『鬼平無化調』
akts0071-3.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豚そば ぎんや 黒川本店@黒川

DSC02412.jpg

2012年6月30日/豚そば ぎんや 黒川本店/黒川/
豚そば/700円


麺レポの前にまずは愚痴ですよ愚痴!
有料ブログじゃないんだからちょっとは付き合いなさいよ!

今回出店した名古屋のアートイベント、
根本的に駐車場のシステムがおかしいんですよ!

出展者のための駐車場は事前予約が可能なのだが、
荷物の搬入がしやすい平面の駐車場は、
わずか100台もないくらいで基本当日の早い者勝ち。

それ以降回される立体駐車場は、
小さなエレベーターがいっこしかないため、
荷降ろしの大渋滞に巻き込まれるという扱いの格差っぷり!

なので会場が開くのが7時からだというのに、
5時には車の列に並ばないといけないという無駄さ!
しかもいつ動き出すか分からないので、
一人だとトイレにもコンビニにも行けない地獄!

エロ妄想の使い手じゃなかったら、
こんな時間をただただ無益に過ごすところだったわ!

そんなこんなで長距離ドライブの疲労と極度の寝不足で、
イベント初日終了後はピリオドの向こう側へ!
逆に一気にハイテンションになったまま夜麺に突入しまーす!
(お待たせしました愚痴終了です)

前日に昼営業に間に合わなかったため、
当初の予定を変更してまずは豚そばの『ぎんや』へ向かうべく、
地下鉄を乗り継いで黒川という駅へ。

しかし最寄り駅つっても店はかなり遠く、
どんどん景色は寂しげな住宅街に変わっていき、
不安で涙が止まらなくなった辺りでようやく店発見!
通りすがりのおばあちゃんに飴もらって慰められちゃった!

DSC02411.jpg

なんだか別業態店も含めて、
名古屋市内に4店舗だかの支店を増やす実力店だが、
ここ本店はL字カウンターだけのこじんまりした感じ。

常に外の椅子に行列が絶えない人気で、
入店着席までには30分ほどを要してしまった。
いくらエロ妄想しても足りねぇ!

メニューのキモは当然「豚そば」だが、
丸鶏魚介系清湯の「汐そば」に「海老味噌ラーメン」、
「つけそば」はストロングや限定のカレーパンプキン、
さらに「まぜ郎」なんてアレ系なメニューも…。

しかしこういう時に冒険する気にならない、
事なかれ主義ボーイとしては普通に「豚そば」を注文。

お盆に乗せた丼を手渡しされるのだが、
そのお盆が丼底の大きさギリギリのサイズなので、
受け取ってカウンターに置くまでがグラグラしてかなり危険!
すぐに人間工学の先生を招聘しなさい!

手間暇かけて抽出したという豚骨スープは、
なるほどザラッと髄や骨粉が溶け込んだ、
濃密な味わいながら臭みやしつこさは抑えられていて、
気品すら感じるたたずまいで素直に旨い。

そこにほんの香り付け程度に、
鰹メインと思われる魚介の風味と、
必要最低限の味付けに醤油ダレが加えられている。

底には細かく刻んだタマネギが沈んでいて、
それが食後のさっぱり感を演出。

途中で卓上の七味をパラリしてみたが、
華やかな辛味は豚骨の風味に見事にマッチ!
今度から豚骨ラーメン屋には七味持参だな!

麺は長浜ばりの超極細ストレートで、
デフォルトでバリカタくらいに茹でられていて、
かなり歯ごたえが強いタイプ。

ダレやすいので大盛りは不可らしいが、
極細麺の割には量はけっこう多いように思った。

具はチャーシュー、穂先メンマ、青ネギに海苔で、
チャーシューは厚く切られたバラ肉で、
ちょい濃いめの味付けで存在感が大きい!具が大きい!

結果的に構成は良くある豚骨魚介なのだが、
丁寧な仕事が垣間見えるラーメンで、
決して十把一絡げでくくっちゃいけないレベルの高さでした。

疲れで満腹中枢もクラッシュしたのか、
一杯食ったら食欲はさらに加速!
急ぎ栄まで戻ってもう一杯じゃ!
ついでに道行くナゴヤ嬢も抱けるだけ抱いとけ~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑夜の帝王気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

«  | ホーム |  »

ブログ内検索フォーム

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

↑丼にチャッチャと振りかけられたあの禁断の甘い背脂ラーメンがやめられない貴方へ!『背脂こってり』

↑超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで、豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0102.jpg ↑箸もレンゲもおっ立っちゃうほどドロドロ濃厚なラーメンを愛する方へ!汁はねが目立たないカラーリングも注目!『DONOUKOU(ド濃厚)』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

 

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (13)
宮城県 (11)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (178)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (80)
東京都(港区) (66)
東京都(新宿区) (143)
東京都(文京区) (53)
東京都(台東区) (126)
東京都(墨田区) (111)
東京都(江東区) (224)
東京都(品川区) (54)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (32)
東京都(世田谷区) (64)
東京都(渋谷区) (83)
東京都(中野区) (42)
東京都(杉並区) (69)
東京都(豊島区) (77)
東京都(北区) (31)
東京都(荒川区) (18)
東京都(板橋区) (28)
東京都(練馬区) (31)
東京都(足立区) (52)
東京都(葛飾区) (100)
東京都(江戸川区) (64)
東京都(八王子市) (12)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (8)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (5)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (9)
千葉県(千葉市) (33)
千葉県(市川市) (43)
千葉県(船橋市) (46)
千葉県(館山市) (3)
千葉県(木更津市) (3)
千葉県(松戸市) (24)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (12)
千葉県(柏市) (10)
千葉県(市原市) (3)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (6)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (19)
神奈川県(横浜市) (56)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (15)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (12)
埼玉県(川越市) (11)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (17)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (6)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (4)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(志木市) (3)
埼玉県(久喜市) (5)
埼玉県(富士見市) (4)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (34)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (15)
茨城県(その他) (18)
栃木県(宇都宮市) (16)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (12)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (7)
群馬県(前橋市) (5)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市北区) (3)
愛知県(名古屋市中村区) (8)
愛知県(名古屋市中区) (16)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する