FC2ブログ

屋台らー麺 骨のZui@前橋市青柳

DSC05970_201806251232135b6.jpg

2018年3月21日/屋台らー麺 骨のZui/前橋市青柳/
黒マー油らー麺/670円


前橋のスズラン百貨店さんで始まった「第2回ミタイマルシェ」に、
我が悪意1000%のTシャツを置いていただけることになったご縁があり、
本日はご挨拶も兼ねての前橋日帰りドライブを敢行しております!

まずは大雪降るなか『Co粋』の絶品清湯ラーメンをいただき、
スズランのスタッフさんへの挨拶もキッチリ済ませ任務は完了!

あとは上毛新聞敷島球場だの吉岡のスーパー銭湯だのと、
モテ要素しかない地元のスポットを巡ろうと思っていたものの、
どんどん雪の勢いは深まるばかりで積もっちゃう可能性もあり、
とっとと南関東に南下しないと大変ヤバそうな状況!

そこで泣く泣く観光は諦めて帰還することにしたが、
せめて前橋のラーメンをもう一杯くらい食べて帰りたいじゃない!

DSC05969_2018062512321111f.jpg

ということで2軒目にチョイスした『骨のZui』は、
前橋駅周辺の賑わいスポットからはやや外れたエリアにあり、
店頭には2台分の駐車場があるがですでに先客で埋まっている。

まぁすぐ隣に巨大なカインズホームがあるから、
そこの駐車場をモゴモゴゴニョゴニョすれば大丈夫なんじゃない?
俺はちゃんと買い物しましたけどね!イナバの物置を100台ほど!

寡黙でシャイそうな店主さんが一人で切り盛りしている店内は、
トタンの壁やスダレの屋根をしつらえたまさに屋台のような雰囲気で、
終始ずっと地元民しか得しない情報しか流れていない、
FMぐんまの情報番組が静かなボリュームで流れている。

その屋根からはウイスキーと焼酎の瓶がヒモで乱暴にぶら下げられており、
なんと「かけつけ一杯」までなら自由に呑んで構わないんだそうな!
なんて呑んべえの肝臓に優しいサービスなのかしら!

先客は部活帰りなのかでっかいスポーツバッグを、
客席の邪魔になるように置いて空いた丼をほったらかしにしたまま、
ずっとスラムダンクの単行本を読んでいるマナーのなってない学生たち。

普段なら子供達への教育指導に余念のない俺としては、
日野皓正ばりのビンタのひとつでも炸裂させて説教するところだが、
コンプライアンスという名の世間体を気にして怖気付くこと火の如し!
さりげなく「日野」と「火の」をかけてるこの文章テクニックね!

さてこちらは北関東ではポピュラーな豚骨ラーメンを提供しているが、
中でも生姜大好きな俺が狙うは「塩ダレジンジャーらー麺」!
豚骨スープと生姜の相性がどんなもんかずっと気になってたのよ!

しかしメニュー表を穴が開くほど何度も見直しても、
「らー麺」「黒マー油らー麺」「レッチリらー麺」「あっさりらー麺」の4種類のみで、
どうやらいつの間にか提供を終了してしまったご様子…!

この時点で主に下腹部を中心にヘナヘナになっていたけど、
気持ちを切り替えてここは「黒マー油らー麺」に意をチェンジします!

マイペースな店主さんの調理にちょい待たされてサーブされると、
一瞬ビーフシチューかと思うくらいの真っ黒なビジュアルが衝撃的!

そのスープは濃度はそれなりでサラサラしているものの、
ゲンコツや豚頭の旨味が凝縮している絶品の豚骨スープで、
飲めば飲むだけ唇がピトついてくるほどコラーゲンも豊富。

そこに程よいニンニクの風味がするマー油がしっかり馴染んでいて、
少しの苦味がまた食欲をスパークさせてくれます!こりゃ旨いや!

麺は地元前橋の「小林製麺所」の手ぬぐいが飾られていて、
おそらくそこの謹製だと思われる中細のストレートタイプ。

博多と熊本のハーフくらいの印象のモキモキした食感で、
そのコシの強さは奥歯で噛んでいても非常に楽しく、
量は「替え玉」や「あぶり替え玉」もあるだけにちょいと少なめ。

チャーシューは表面を焼き固めて肉汁を逃がさないバラ肉と、
端っこの部分の切り落としがゴロゴロ入っていて、
バラは箸でつまむだけで繊維がホロホロ崩れちゃうくらい柔らかく、
切り落としはところどころ混じってる脂身がジューシーでたまらんね!

さらに胃弱クラスタには嬉しい茹でキャベツもたっぷり乗っていて、
整胃効果までケアしてくれるなんてもう医者いらないね!(いるよ)

仕上げは卓上の擦りゴマをゴリゴリとかけて香ばしさを増し、
さらにマコーミックのガーリックパウダーでパンチを与えたら、
2杯目だっていうのにほとんどスープまで飲み干しちゃいました!

食後はまだ路上への積雪がないうちに大急ぎで前橋を後にしたが、
こんな悪天候なんだからとっとと帰ればいいのに、
グズグズと2杯もラーメン食ってた俺を皓正!ビンタで叱ってくれ!
(調子に乗ってドラムソロを延々にやめないまま)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑愛のムチ気分でポチッと押してくださいませ~

↓漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
↓大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
akts0082.jpg

 
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や Co粋@前橋大島

DSC05960_20180625123205c76.jpg

2018年3月21日/麺や Co粋/前橋大島/
醤油らーめん+煮玉子/750円+100円


前橋スズラン百貨店さんの「第2回ミタイマルシェ」というイベントで、
ひょんなことからウチのねこ系Tシャツを置いていただく運びとなり、
今日は視察とご挨拶も兼ねて前橋まで日帰り出張に行くことに。

しかし早朝出かける前にテレビをつけるとお天気お姉さんが、
「今日は関東北部で積雪の可能性が!お出かけは気を付けて!」と、
アンニュイな表情で呼びかける姿に興奮しつつ(朝っぱらからド変態かよ)、
まぁ前橋なら山合いじゃないから大丈夫だべ!と軽い気持ちで出発!

しかし東北道を越えて北関東道に差し掛かる頃になると、
前方が見えなくなるくらいフロントガラスに吹き付けてくる大雪に!

この悪路をノーマルタイヤの軽自動車で突っ走るなんざ、
お尻丸見えのホットパンツで深夜のスラム街を歩くような危険さ!
お天気お姉さんごめんなさい!今日お出かけしたのは大間違いでした!

半泣きになりながらもなんとか目を凝らして慎重に運転し、
ようやくたどり着いたのは前橋大島にある『Co粋』!
もうヘトヘトなのでご挨拶はとりあえず腹を満たしてからな!

DSC05959_20180625123203a7a.jpg

こんな天候にも関わらず正午前には店頭の駐車場が全て埋まり、
向かい側の第二駐車場も満車寸前という超絶人気っぷり。

カウンター席とテーブル席とでそれぞれエリアが分かれた店内には、
しゃれた調度品などが並びまるでカフェのような雰囲気。

ホールを女性スタッフに任せて厨房を一人で仕切っている店主さんも、
ビシッとセットした髪の毛を赤く染めていたりなんかして、
例えばイタリアンとかフレンチとかの他業種から、
ラーメン店に転向したオーラがムンムンするけど実際はどうなのかね?

しかしメニューは一切のチャラさのないストイックな構成で、
「醤油らーめん」「塩らーめん」「塩担々らーめん」のみで、
つけめん系やまぜそば系は一切扱っておらず、
あとは「塩変え玉」「醤油変え玉」という麺のお代わりがあるだけ。

煮玉子は別の器で添えられて「醤油らーめん」がサーブされると、
芳醇で官能的な節系のアロマが立ち上がってくる。

油がほとんど浮かないスープは雑味なく実にすっきりとした飲み口で、
序盤は相当アツアツなので凍えた舌が慣れるのに苦労するが、
徐々に鶏の旨味とともに鰹節や宗田節などの、
魚介系乾物の風味が華やかに口の中に広がっていく。

ラグジュアリー感漂うその極上の味わいには、
150キロ運転してきた疲れも吹っ飛ぶほどガンギマリですわ!

昨今のラーメン業界は仕入れも安定した煮干し系一辺倒だが、
やっぱり鰹節や鯖節あたりのダシの華やかさも忘れらんないよねー!

さらに食べ進めるうちに自然と海苔に乗せた揚げネギが散れてきて、
甘さと香ばしさが増してきて味わいが変化していくのも楽しいね!

麺は基本は細麺だが中太麺にも変更が可能で、
どうやら醤油には中太麺の組み合わせをオススメしている様子だが、
まずは基本の味を知っておきたかったのでそのまま細麺で注文。

全粒粉が練り込まれたその麺は見ても箸でたぐってもしなやかで、
歯切れのいいシコシコとした食感が実に心地よく、
俺もこんな風に筋肉を鍛えたい!とその場でシックスパッドを大量購入!
(C.ロナウドに不労所得がチャリンチャリン)

バラ肉のチャーシューは地元の名産「ぐんま麦豚」を使用しているそうで、
表面を焼き固めているので肉汁と油のジューシーさはハンパないが、
いかんせんスライサーで極薄にカットされてるのが物足りない!
あと2万いや3万円出すからガーッと分厚く切って出してほしいっす!

さらにぶっといけど噛むとトロリンと溶けちゃう柔らかさのメンマに、
水菜にネギに糸唐辛子がデフォルトの具材として乗っていて、
黄身の流出を防ぐために別皿だと思われる味玉も絶品なのだが、
かじると冷たいままなので軽く湯煎してほしいかな…?

熱が落ち着いてダシ全体が柔らかくなってきた終盤には、
お店のオススメである卓上のギャバンの山椒をガリガリかけると、
爽やかな辛さと痺れがまたスープに勢いを取り戻してくれます!

全体的にインテリジェンスを感じさせる素晴らしい一杯で、
都内だったら行列ができること必至だと思うレベルなのだが、
ひょっとして雪で空いてたからサクッと食べられたってことなのかしら?

正味30分ほどで店を出てもまだ雪は一向にやむ気配がなく、
再び慎重に慎重を重ねて前橋の駅前にあるスズラン百貨店さんへ。

DSC05962_20180625123207119.jpg

DSC05968_2018062512321028f.jpg

DSC05965_2018062512320804f.jpg

催事場の一番目立つエスカレーター前に置いてくださり、
さらに女性スタッフさんがウチのTシャツを着て接客してくれていたりと、
神対応ありがとうございます!ありがとうございます!

お買い物ならなんでも揃うスズラン百貨店へぜひどうぞ!
とりあえずガッツリ宣伝してお礼に返させていただきます!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑前橋市民は全員行くように気分でポチッと押してくださいませ~
 
↓悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
↓『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
akts0073.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン 新満福@前橋市富士見町

DSC04627.jpg

2013年8月24日/ラーメン 新満福/前橋市富士見町/
しろ醤油・らーめん/600円


甲子園で全国制覇を果たした前橋育英高校への表敬も兼ねて、
関越道を飛ばして群馬県までやって来た今月のラーツ部部活動。

まずは『翔鶴』さんの絶品地鶏ラーメンに思わず敬礼し、
次なる一杯を目指すべく赤城山麓をグイグイと登ります!
さすがバカと煙は高いところが好きですね!
いま俺らのことをバカと言った奴は即時告訴するから待ってろ!

途中で郵便局に寄って内容証明を送付したのち、
やって来たのはこちらもRDBで評価の高い『新満福』さん。
なんでも赤城で一番標高の高い位置にあるラーメン屋さんなんだとか!

DSC04623.jpg

最寄り駅などという概念は一切存在しない、
「東国文化歴史街道」というやたらスケールの大きなネーミングの、
山あいの一本道の中にポツンと佇む小さなお店。

「道の駅風ラインふじみ」のすぐお隣にあり、
営業は昼の11時から14時の3時間のみと、
立地条件から考えてもなかなかのハードルの高さ。

ちなみに道の駅には「富士見温泉」も併設されているので、
ラーメンからのひとっ風呂も可能ですよ奥さん!
なおラーツ部との混浴はいつでもウェルカムですのでお待ちしております!
お申し込みはお電話かFAX、またはお葉書でどうぞ!

DSC04624.jpg

ちなみにお店周辺の景色はこの通りの絶景!
写真じゃ分かりにくいけどマジで抜けがいいの!抜けが!
もはや部活の域を越えてかなりの「旅感」が出ちゃっております!

新幹線の駅名みたいに屋号に「新」が付いているが、
おそらく以前は先代による『満福』という中華料理店だったのを、
代替わりの際にラーメン専門店に業態チェンジしたので、
心機一転で改名したって感じなのかしら?

お店は女性二人で切り盛りしており、
ロッジ風の店内は広いカウンターにテーブルもあり、
窓にはゴーヤのグリーンカーテンが掛けられたのんびりとした雰囲気。

メニューはまず「らーめん」が基本であり、
それぞれ醤油、しお、しろ醤油、味噌、極ごま味噌とあり、
さらに隠れた人気の「もやしあんかけ・らーめん」もね!といった編成で、
「煮込み定食」まであるのはモツ文化の栄えた群馬県ならでは。

70年代のデパートや屋台で食べていた、
懐かしいラーメンの味を目指しているというだけあって、
俺オーダの「しろ醤油・らーめん」の構成はシンプルそのもの。

いずれも主張しない程度に動物と魚介と野菜を、
濁らせないようじっくり煮出したダシを、
白醤油の淡い旨味でパステルチックにまとめ上げている。

油脂感も必要最低限に抑えているので、
どこまでもその飲み口は淡麗ですっきりしている。

こういうシンプルなラーメンだからこそ、
赤城山麓の美味しい水ならではの味わいが引き立つんだろうねー!
つくづく水の美味しい地域に住んでる人がうらやましい!

やや太めでひらひらとちぢれの付いた麺は、
水分が多くてプルプルとしたみずみずしい食感。

かすかに表面に黒い粒つぶが見えているので、
ひょっとしたら何か練り込んであるのかも…?

バラのチャーシューは薄くカットしてあるが、
焦げ目が付くまで片面をしっかり焼いてあり、
まるでポークソテーのようなワイルドな肉の香りが広がる。

あとは餡の入っていないワンタンの皮のような、
帯状の麺が一枚とナルト、三角に切った海苔が乗っかる。

ちなみに刻みネギは地の物を使っているのか、
生でもトロトロでほのかに甘くてかなり美味しかった!

DSC04626.jpg

てらみん部長オーダの「しお・らーめん」は、
甘みのある塩ダレでさらにスープの口当たりが淡くマイルドに。

さらに細かく刻んだシソが散りばめられており、
その爽やかな香りもかすかに加わっている。

DSC04625.jpg

転じてタグ部員オーダの「醤油・らーめん」は、
濃いめのカエシの分だけ一番はっきりとした味わいになり、
柚子の香りも加わり華やかな味わいに仕上がっている。

奇をてらわないオーソドックスなラーメンで、
心も身体もほっこりのんびりした気分になりました!
何よりこの大自然とおいしい空気が一番のおかずだよね!

食後はすっかり体内時計が止まってしまったのか、
ついぶらりと隣の道の駅に寄り道して、
赤城の地酒だの採れたての産直野菜だのを買い込んだり、
外のロッジで牛乳飲みながらおしゃべりに花を咲かせたりしちゃった!

もういっそこのまま泊まってっちゃってもいいんじゃね?
どこか混浴ができる温泉旅館がないかさっそく探しに行こうっとー!
(待ちぼうけを喰らう前橋育英高校関係者一同)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑混浴には勝てない気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

地鶏ラーメン 翔鶴@群馬総社

DSC04620.jpg

2013年8月24日/地鶏ラーメン 翔鶴/群馬総社/
地鶏煮玉子中華そば/730円


祝!前橋育英高校甲子園全国制覇ー!
(X JAPANの紅をフルバンドで演奏しながら)

下ネタ甲子園で全国制覇の経験がある我々ラーツ部、
なんと今月の部活動はホントに偶然の絶妙なタイミングで、
群馬県は前橋市にお邪魔いたしまーす!

これも何かの縁だと思うのでお祝いがてら、
前橋育英高校に表敬訪問するつもりでおりますので、
冷たい麦茶でも用意して待っててね!高橋弘成くん!
お茶請けは前橋銘菓「旅がらす」があれば充分ですからね!

その前にまずは腹ごしらえってことで、
群馬界隈でおなじみ「地鶏ラーメン研究会」の会員であり、
ラーメンデータベース群馬県版でもランキング1位になっている、
最近とみに話題を聞くようになった『翔鶴』さんへ!

まずもうその屋号を聞いただけで、
ミリタリー系が三度の飯より大好物のKEN-1部員が一人で興奮!

移動の車中でずっと誰も聞いてない空母トークをやめないので、
タミヤのウォーターラインシリーズ翔鶴プラモ(700分の1スケール)を、
喉の奥まで突っ込んで大人しくさせてやりました!

それでも店に着くまでその状態のまま、
ノートPCでずーっと艦これやってましたけどね!
もうっ!ミリヲタの人の神経なんてちっとも理解できないよっ!
暁の水平線に勝利を刻みなさいっ!(お前もじゃん)

DSC04618.jpg

DSC04619.jpg

そうこうしているうちに群馬総社近くの店に着くと、
店頭と少し離れた場所の二箇所ある駐車場はあっという間に埋まり、
近所の家族連れなどで常に行列が絶えない人気っぷり。

屋号も屋号だし陸自の駐屯地も近いということで、
さぞや店内はミリ系グッズで埋め尽くされてるのかと思いきや、
広々としたカウンターとテーブルがメインの、
ごく普通の居心地のいいラーメン屋さんといった風情。

でも壁に飾ってあるたくさんの色紙の中に、
ヒゲの隊長こと元自衛官・佐藤正久議員のサインを発見!
全然関係ないけどヒゲの隊長ってヒャダインに似てるよね!

看板や店内に飾られたこだわり食材の能書き、
そしてテーブルなどは見事な一枚板が使われており風格がある。

メニューは「塩らあめん」と「中華そば」がメインだが、
てらみん部長やKEN-1部員が塩を所望したので、
ならば俺は「地鶏煮玉子中華そば」で抜錨します!

醤油ベースとはいえ淡い色合いのスープは、
宮崎地鶏やシャモ、赤城地鶏をじっくりコトコト煮込んだもので、
ほわーんと柔らかく鶏の旨味が広がってスッと消えていく、
どこか儚げな味わいのもので実に美味しい!

いちおう魚介も使ってるみたいだけど、
鶏以外の素材感はほとんど表には出ておらず、
引き算の論理で構成したようなシンプルなアウトプットだが、
求心力は十二分にあって素晴らしい出来ですな!

麺は色白な中細のストレートタイプで、
たっぷりの卵を練り込んであるというだけあって、
そのしなやかさはまるでバレリーナのごたる!

啜り心地も喉越しも引っかかりがなくて、
噛むたびにしっかり小麦の風味を感じられる。
スープとの一体感もお見事ですわ!アンドゥトロワ!

アンデス高原豚を赤ワインベースのタレに漬け込んだという、
お店自慢のロース肉のチャーシューは、
脂身がほとんどなくて超ぶ厚い(激厚ぷんぷん丸)のに、
箸で持つとハラハラとほどけてしまう柔らかさ。

繊維の奥の奥までしっかり味が染みていて、
肉の赤身の旨さをとことん堪能できる逸品です!

トッピングした130円と少々お高めの地鶏煮玉子は、
ほぼ全熟の状態なのに黄身がとにかく濃厚!
半熟じゃなくてもここまで質の良さが分かるってすげぇな!

DSC04621.jpg

こちらメガネの隊長ことてらみん部長の「塩雲呑麺」。

カエシが入らず塩のみで味付けされているぶん、
さらにスープは一糸まとわぬあられもない姿になり、
よりクリアになった鶏の旨味をダイレクトに楽しめる。

雲呑は厚みがありモチモチとした皮の中に、
ぷりぷりした食感を残したエビ餡が詰まっていて旨い!

DSC04622.jpg

そして長袖の隊長ことタグ部員は、
夏限定のメニュー「辛肉まぜそば」をオーダ。

ラーメン系とは対極の太くてプルプルとしたちぢれ麺を、
さっぱりとした鶏挽き肉と山椒の効いた辛味とで、
豪快に混ぜていただくいわゆる汁なし系。

どこか和風のジャージャー麺といった味わいで、
キュウリなどの具材がさっぱりとした爽やかさを演出。
これは確かに暑くて食欲がない時でもスルスル入りそう!

〆にてらみん部長のスープを少し拝借して、
ふた口ぶんほど麺を残しておいた丼に注いだら、
なんということでしょう!即席の担々麺に大変身しましたー!

しかもこれが味見したら旨いのなんのって!
これはぜひ50円くらい高くていいからスープ付きにしていただきたい!

さすが群馬ラーメンランキング1位の実力を、
まざまざと見せつけられた我々もテンション最高潮!

さながら空母翔鶴から飛び立つ零戦のごとく、
両手を横に広げて全力疾走で次のお店へ向かいまーす!
(ハタから見たらアラレちゃんにしか見えない)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑キーン!気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん かじゅん@前橋

DSC01371.jpg

2011年10月15日/らーめん かじゅん/前橋
和風玉醤油らーめん/850円


今月は群馬へお邪魔しております!
ナメダルマ親方ことラーツ部でございます!
(ダルマの産地・群馬にちなんで)

まずは『いち林』の絶品ラーメンを、
丼までかじらん勢いで完食完飲!

唯一奥さんとの約束を守って、
スープを残したふじひろ部員を陵辱しながら、
続いては前橋まで移動。
お目当ての店は『かじゅん』という変わった屋号。

DSC01369.jpg

前橋刑務所の真向かいで、
目の前にはレンガ造りの高い塀がそびえ立つという、
なかなかに火薬くさいロケーション。

その塀の向こう側の生活を、
遠い目をしながら懐かしむ部員たち…。
あの頃はそれぞれを番号で呼び合っていたっけ…。
(服役してたの?)

それにしても気になるのが、
店のあちこちに掲げられた駐車場の案内。

「店の駐車場は店舗横の2台だけです!」
「隣の会社には絶対に停めないでください!」
「満車の場合は店前の路上にお願いします!」
「もし停めた方は入店をお断りします!」

どうやらかなり隣の会社と揉めたようで、
お店もかなりナーバスになっている様子。
ご近所トラブルって大変ね…。

カウンターと一段上がったテーブル席のみ。
店舗右側には謎のデッドスペースがあり、
ヘリコプターのラジコン等のおもちゃが置かれている。
店主さんの趣味なのかな?

洋画のDVDが静かに流れる店内は、
なぜかどこかピリリと張りつめた空気で、
なんとなく緊張感が漂っている。

その理由は一目瞭然!
耳にピアスをはめた強面&坊主頭の店主さんの、
元ボクサーだと言っても誰も疑わないようなその迫力!
な、殴らないで~!むしろ踏んで~!

でも声がやたらか細かったり、
顔に似合わず性格は意外と繊細の方っぽいです。

ややオペレーションの乱れがあり、
4人のラーメンが供されるタイミングが、
かなりバラバラになってしまった。

最後にやって来た俺の「和風玉醤油らーめん」、
魚介のかほりがかぐわしき清湯スープは、
見た目はかなり醤油色が濃い。

深く切れ味のある醤油の香りと、
ほんのり甘みのあるスープが上手く調和している。

なんか独特の香ばしい風味がすると思ったら、
なんと焼いたサンマの香りを移した、
オリジナルの焦がし油を浮かべているんだとか!

ちなみにサンマには胃袋が無いから、
残留物が少ないので内臓も食べられるんだよ!
(所さんの番組の受け売りウンチク)

麺は手もみしたようなちぢれが付いた、
やや平べったい形状の中細タイプ。

水分と空気をたっぷり含んでおり、
ふわりとエアリーで軽やかな食べ心地。

チャーシューは片面をソテーしてあり、
カリカリの部分の食感が面白い。
メンマもかつて竹だった頃の面影を残す、
繊維がしっかりとしたザクッとした食感。

そして先ほどの『いち林』に続き、
こちらも味玉は榛名産の牧草卵を使用。
ねっとりした黄身がセクシー!
榛名は極上もんが揃ってまんな~(志賀直哉顔)!

DSC01372.jpg

こちらはてらみん部長の「わんたんめん」。
わんたん入りの場合は塩味のみ。

ダイレクトに鶏&魚介を感じるスープに、
プリッとした海老が入ったわんたんが絶品!

大満足で店を出た瞬間、
すでに周辺を包囲していた警官隊が襲撃!
すんなり逮捕されて再び前橋刑務所の塀の中へ…。

服役が終わったら部活を再開しま~す!
それまではクサイメシで我慢我慢!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑極道めし気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

ブログ内検索フォーム

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

↑丼にチャッチャと振りかけられたあの禁断の甘い背脂ラーメンがやめられない貴方へ!『背脂こってり』

↑超柔らかめの「ずんだれ」からほぼ生の「湯気とおし」まで、豚骨ラーメンでおなじみの麺の茹で具合をロゴTシャツに!『麺のかたさ』

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0102.jpg ↑箸もレンゲもおっ立っちゃうほどドロドロ濃厚なラーメンを愛する方へ!汁はねが目立たないカラーリングも注目!『DONOUKOU(ド濃厚)』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

 

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (13)
宮城県 (11)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (178)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (80)
東京都(港区) (66)
東京都(新宿区) (143)
東京都(文京区) (53)
東京都(台東区) (126)
東京都(墨田区) (111)
東京都(江東区) (224)
東京都(品川区) (54)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (32)
東京都(世田谷区) (64)
東京都(渋谷区) (83)
東京都(中野区) (42)
東京都(杉並区) (69)
東京都(豊島区) (77)
東京都(北区) (31)
東京都(荒川区) (18)
東京都(板橋区) (28)
東京都(練馬区) (31)
東京都(足立区) (52)
東京都(葛飾区) (100)
東京都(江戸川区) (64)
東京都(八王子市) (12)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (8)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (5)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (9)
千葉県(千葉市) (33)
千葉県(市川市) (43)
千葉県(船橋市) (46)
千葉県(館山市) (3)
千葉県(木更津市) (3)
千葉県(松戸市) (24)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (12)
千葉県(柏市) (10)
千葉県(市原市) (3)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (6)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (19)
神奈川県(横浜市) (56)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (15)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (12)
埼玉県(川越市) (11)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (17)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (6)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (4)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(志木市) (3)
埼玉県(久喜市) (5)
埼玉県(富士見市) (4)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (34)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (15)
茨城県(その他) (18)
栃木県(宇都宮市) (16)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (12)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (7)
群馬県(前橋市) (5)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市北区) (3)
愛知県(名古屋市中村区) (8)
愛知県(名古屋市中区) (16)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する